寒気が流れ込んで県央地域でも本格的な雪 (2019.1.26)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

寒気が流れ込んで新潟県の県央地域は1月25日夜から本格的な雪になっている。

26日朝の燕三条に降る雪
26日朝の燕三条に降る雪

県のまとめでは、午前9時の三条は降雪、積雪とも9センチ。朝のうちは平地の道路は雪がシャーベット状になるていどで、圧雪になるほどではない。明け方の三条の最低気温は-0.1度と冷え込んでいるが、今の時期、平年の三条の1日の最低気温はさらに低い-1.4度だ。

新潟地方気象台の1月26日午前5時24分の発表では、新潟県では27日にかけて山沿いを中心に大雪となり、26日は平地でも大雪となり、上越では大雪による交通障害に警戒、下越、中越でも注意を呼びかけている。

26日から27日はじめにかけて、北陸地方の上空約5000メートルに氷点下39度以下の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる。

アメダスによる26日午前5時現在までの12時間降雪量は、上越市安塚17センチ、妙高市関山15センチ、新潟14センチ、柏崎14センチ、糸魚川市能生14センチ、上越市高田12センチ、十日町12センチ、津南10センチ、長岡7センチ、新潟市新津6センチ。

27日にかけて山沿いを中心に大雪となり、26日は平地でも大雪となる見込み。26日午前6時から27日午前6時までの24時間降雪量は、多い所で、下越で平地40センチ、山沿い60センチ、中越で平地40センチ、山沿い80センチ、上越で平地40センチ、山沿い100センチ、佐渡で20センチ。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2月25日は越後つばめの天神講
燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com