春先取りの本成寺の鬼踊りに善男善女3.6万人 (2019.2.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

「節分」の3日、三条市・法華宗総本山本成寺(門谷日悠貫首)で節分大祈願会が営まれ、日曜で好天に恵まれた鬼踊りの披露は、昨年より6,000人多い36,000人(主催者発表)の善男善女でにぎわった。

本成寺の節分大祈願会の鬼踊り
本成寺の節分大祈願会の鬼踊り

本成寺節分大祈願会のフォトアルバム

「立春」の前日の節目の春を呼ぶ恒例行事。ことしは朝から晴れ間が広がり、三条の最高気温は10.7度とまさに春の陽気。境内をところどころ覆っていた数センチの雪解けも進む暖かさだった。

鬼踊りは、昨年までの午後1時と3時より時間を早め、午前11時と午後2時からの2回、本堂で行われた。11時からの回では、地場産業振興祈願と事業繁栄特別祈願が行われ、問谷日悠貫主と山内寺院住職の読経に始まって、参拝者の頭の上で木剣を打ち鳴らして厄災をはらった。

木剣を打ち鳴らしておはらい
木剣を打ち鳴らしておはらい

続いて、うちわ太鼓の音とともに僧兵が現れて鬼踊りが始まった。ドラと太鼓の音が響くなか、黄、緑、黒、青、赤の5色の鬼たちが「うおーっ」と、うなり声をあげながら、ゆっくりと特設舞台に登場。小さな子どもたちの泣き声がどんどん大きくなった。

鬼に頭を撫でてもらうと健康に育つともいわれ、親たちはわが子の成長を願って小さな子どもを鬼の前に差出した。鬼に頭を撫でられたり、抱き上げられたりした子どもたちは大きな声で泣き叫び、その表情やユーモラスな鬼のしぐさに見物客からは笑いが起こっていた。

鬼に捕まって大泣きする子ども
鬼に捕まって大泣きする子ども

鬼たちが大暴れする踊りを披露すると、門谷貫主の「福は内」のかけ声を合図に、国定勇人三条市長や菊田真紀子衆院議員など内陣の来賓やお払いを受けた人、さらにことしは鬼踊りの舞台前に初めて設けられた予約席からも一斉に豆まきを開始。

ばらばらと音を立てるほど大量の豆をぶつけられて鬼たちは退散。本成寺の鬼たちは、境内の鐘楼堂で鐘を突いて、つのがとれて改心となる。例年以上の参拝客で埋まった境内を、子どもの頭をなでたり、記念撮影に応じながらたっぷりと時間をかけて鐘楼堂に向かった。

鐘をついて改心する鬼
鬼踊りのあとはアイドルのように大人気の鬼たち
鬼踊りのあとはアイドルのように大人気の鬼たち

予約席を利用した10カ月の女の子を連れた三条市の夫婦は、鬼に子どもの頭を撫でてもらったと喜び、「子どもが小さいのでゆっくりと見られてよかった」。初めて本堂内で鬼踊りを観ることができたという燕市の4人家族は、「迫力がすごかった」、「赤ちゃんが鬼に抱っこされて泣き叫んでいるのが印象的」と、本成寺の鬼の迫力を堪能した。

(坂井)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com