2月の三条市学校給食に三条産小麦のコッペパン (2019.2.8)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

平成20年度(2008年4月)から完全米飯給食を実施してきた三条市は、今年度中に5回、10年ぶりに給食にパンと麺を提供する取組を実施しており、2月は三条産の小麦を使ったコッペパンを提供している。

パンの給食を食べる月岡小6年1組
パンの給食を食べる月岡小6年1組

「日本の主食・米について、米粉を利用した食品を学校給食で提供することにより、粒と粉の違いについて学べるようにし、米飯給食への理解をさらに深める」、「わたしたちの住むまち・三条を知る」ための教材として三条産の小麦を使用したパンとカレーラーメンを提供し、ふるさと三条への愛着と誇りを深める」ことを目的として、小中学校の給食の主食を今年度は5回のみパンと麺にした。

内容は、5月に米粉パン、7月に米粉麺、10月米粉パン、12月三条小麦麺のカレーラーメン、2月は三条産小麦を1割使用した三条産小麦入りパン。

三条市の小学校19校と中学校8校、大崎学園の計28校の給食を作っている8つの調理場がそれぞれの日程で提供している。

三条産小麦入りのコッペパンがついた給食
三条産小麦入りのコッペパンがついた給食

今年度最終回の2月。5日に三条産小麦入りのコッペパンが登場した月岡小学校(石井正文校長・児童336人)では、ハクサイのフレンチサラダ、タンドリーチキン、カボチャのポタージュの献立。

卒業まで約1ヶ月となった6年1組の教室はこの日、「六送会の6年生ありがとう月間」の一環で、5年生といっしょに給食を食べた。放送で流れる三条市産の小麦を使っているというパンの紹介や、「パンも味わってほしいですが、お米も作っているので、給食がパンの日は、朝食と夕食は家で三条産のお米を食べてください」というメッセージの紹介を聴きながら味わった。

ジャムやバターはついていないので、パンをそのまま食べたり、パンの真ん中を割ってサラダをはさんだり、ポタージュに浸して食べたりとそれぞれのスタイルで残さず食べていた。

10年ぶりのコッペパン
10年ぶりのコッペパン

いつもと違った給食への反応は、「うまかったー。パンとポタージュがおいしかった」、「うれしい。もっとパンが出てほしい」、「パンとか、たまにあったらいいな」、「パンはおいしい。ごはんより早く食べられた。ちょっと足りない感じもしたかな」と、パンを歓迎する児童が多かった。なかには「ごはんがいい。あったかいから」とごはん派の児童もいた。

担任教諭は、6年間で初めてごはん以外の給食となった日は、「シチューにつけていい?」、「ハンバーグをはさんでいい?」と質問が飛び交い大興奮だったと話していた。

三条市教育委員会によると、同取組については評判が良かったとしており、回数的には変えずに来年度も継続の見込みとしている。

(坂井)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com