三条市・燕市合同の新潟県議選公開討論会 立候補予定者の考えを聞く (2019.3.7)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕三条青年会議所(神田晃理事長)は、3月7日(木)午後7時から燕三条地場産業振興センター・リサーチコアのマルティメディアホールで新潟県議選(3月29日告示、4月7日投開票)の三条市選挙区(定数2)と燕市選挙区(定数2)合同の公開討論会を開き、それぞれの立候補予定者の考えを聞く。

新潟県議選公開討論会

両選挙区の合同討論会を合わせて開くのはこれが初めて。三条市選挙区は現職の藤田博史氏、元職の坂田光子氏、新人の杉井旬氏と河原井拓也氏、燕市選挙区は現職の桜井甚一氏と高倉栄氏の4人をパネリストに開く。

討論会テーマはアンケートで決める。2019年度の新潟県の重要施策である「防災・減災」、「原発防災」、「健康立県」、「交流人口拡大」、「起業・創業の推進」の5項目なかからひとつを選んでもらうアンケートで、ネットでの事前アンケートと当日の来場者アンケートで最も要望が多かった項目を直前に討論会テーマに決める。

3月6日までの事前アンケート結果

3月6日までに事前アンケートは約100件の回答があり、「起業・創業の推進」が43.9%と最も多く、次いで「交流人口拡大」が32.9%で続く。この2項目で3/4以上を占め、このどちらかに決まりそうだ。

ほかに合同討論会では、自己紹介と県議に必要な資質、テーマ以外の資質や課題、県央地域で解決していかなければならない課題、県議として燕三条地域で注力することなどについて聞き、パネリストはそれぞれ1人に対して1回だけ質問もできる。入場無料。

また、当日のようすは日本青年会議所の選挙関連サイト「e-みらせん」で動画配信される。

(佐藤)

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com