ダイニチ工業がコーヒー豆焙煎機を5年ぶりに台湾へ輸出 (2019.3.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

ダイニチ工業株式会社(吉井久夫社長・新潟市南区)は、コーヒー機器自社ブランド「カフェプロ」のコーヒー豆焙煎機「MR-120」(45,000台湾ドル・約16万円)を台湾へ100台、輸出する。コーヒー豆焙煎機の台湾への輸出は2014年3月に100台出荷して以来5年ぶり。

ダイニチ工業のコーヒー豆焙煎機「MR-120」
ダイニチ工業のコーヒー豆焙煎機「MR-120」

カフェプロは鮮度のよいコーヒーを手軽に楽しみたいとの要望を受けて開発し、1997年に焙煎機能付きコーヒーメーカー、2000年にコーヒー豆焙煎機を発売し、販売を続けている。台湾へはほかにも2017年2月に焙煎機能付きコーヒーメーカー200台を輸出している。

国際的なコーヒー展示会開催や日本のコーヒー書籍の翻訳版が出版されるなど台湾でもコーヒーブームが起きている。コーヒー好きの個人やカフェなどのプロユースの需要増加を期待している。

販売拡大のため現地代理店を通じて台湾で開かれる展示会「台湾国際コーヒー展」に出展。現地代理店は「CAFEPRO ショップ」を台北に2店舗を展開し、来店者にカフェプロを知ってもらう場にしている。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com