春の嵐で体育文化会館の屋根材が飛ぶ 倒木に停電、県議選ポスター掲示板も飛ぶ (2019.3.28)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕三条地域では、3月27日深夜の「春の嵐」の暴風や落雷の影響で各所で被害や倒木、停電などが発生した。

屋根材が飛ばされた三条市体育文化会館
屋根材が飛ばされた三条市体育文化会館

三条市荒町2で建設中の三条市体育文化会館では、風で体育館アリーナ部分の屋根材の鋼材が飛ばされた。幅約45センチの長い鋼材を横に並べるように屋根を張っているが、前日の作業で張り切れずに残った鋼材を結束して屋根に置いていたところ強風で飛ばされた。

飛ばされた鋼板が工事用の足場に引っかかっているのを通りがかりの人が見付けて通報し、三条市は午前6時半に現地を確認。8時半には業者が撤去し、けが人がないことも確認した。

吉野屋地内の市道北潟吉野屋線では、道路わきのスギの木が倒れて道路をふさいだ。野新田地内では3月29日告示の県議選のポスター掲示板が倒れて民家へ飛ばされたため、すぐに修繕した。

吉野屋地内のスギの木が倒れて市道北潟吉野屋線をふさいだ
吉野屋地内のスギの木が倒れて市道北潟吉野屋線をふさいだ

東鱈田地内では、電柱に雷が落ちて外灯が破損した。ほかにも複数件の停電があった。

燕市では中央通で工事用ネットが単管パイプとともに倒れたほか、非住家で3件の被害の連絡があった。分水学校町で車庫の屋根が飛ばされ、中央通では事業所のシャッターが壊れたほかに、窓ガラスが割れる被害もあった。

停電も発生し、横田付近の約400戸が午後11時5分から翌日午前1時47分まで停電し、粟生津付近の約300戸が午後11時5分から午前1時10分まで停電した。

燕市内の事業所で壊れたシャッター
燕市内の事業所で壊れたシャッター

三条では午後11時前から翌日午前0時過ぎにかけて激しい雷を伴って猛烈な風雨となり、瞬間最大風速21.1メートルを観測。ピークの1時間ていどの短時間だけまるで「春の嵐」だった。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com