杉井氏「4年間、必死で全力で頑張る」 (2019.4.8)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

4月7日投開票の新潟県議選の三条市選挙区で11,951票を獲得して当選した新人の杉井旬氏(57)は、得票に結びつけてくれた多くの人を裏切らないためにも「4年間、必死で、全力で頑張ります」と決意を示した。

万歳する杉井氏
万歳する杉井氏

杉井氏は、塚野目集会所で午後7時半ころから支援者とともに開票結果を待ち、当選の知らせを受けた午後10時20分ころ、集まった80人ほどの支援者とともに万歳。後援会役員や支援者、最後に杉井氏がだるまの目入れを行った。

あいさつする杉井氏
あいさつする杉井氏

杉井氏は、市議選とまったく違う選挙戦のなか、支援を受けて11,951票を得させてもらったとし、「今後4年間、私が怠けたり、公約を破ったり、実際に成果をあげられなかった場合、みなさんの信用を傷つけてしまうことになります。それだけは絶対にしてはならないという思いを強くしています」。「みなさまを裏切らないために、皆さまの信用を傷をつけないために、4年間、必死で、全力で頑張りますので、どうかよろしくお願いします」。

だるまに目入れ
だるまに目入れ

また、49.38%という投票率について、「有権者の半分が投票に行かなかった。こういう状態を招いたひとつには、選挙戦の仕方もあったのかもしれません、候補の問題があったのかもしれません。今後4年間、しっかりと反省し、やはり三条市のことを多くの三条市民の皆さんに考えて頂く、それもバッジを付けたものの役目だと思いますので、市民の皆さまから、市政、県政に関心をもってもらうよう努力をする決意を新たにしまして、また、皆さまに重ねて御礼を申し上げます。本当にありがとうございました」と、深く頭を下げた。

国定市長と握手
国定市長と握手

坂井欣一後援会長は、「本当に、本当に皆さんのおかげで杉井が当選させて頂きました。今日負けたら、どうやって帰ろうかと考えていた切羽詰まった選挙でした」と話し、礼を述べた。

また、駆け付けた国定勇人市長は、「杉井さん、これから新しいステージで必ず三条市のために、また、いちだんと高いステージから私たちを支えてくれると思っています」と期待した。

(坂井)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com