「庭園の郷 保内」は大型連休でガーデンフェス 木製の道の駅記念きっぷ販売中 (2019.4.29)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

※木製の道の駅記念きっぷは5月2日で完売しました。

新潟県三条市下保内の道の駅「庭園の郷(さと) 保内」は、大型連休にあわせて4月26日から5月6日まで「保内ガーデンフェス2019春」を開き、オープン3周年を記念した木製の道の駅記念きっぷの販売をはじめとしたさまざまな取り組みで客を呼び込んでいる。

限定販売している木製の道の駅記念きっぷ
限定販売している木製の道の駅記念きっぷ

「庭園の郷 保内」は2016年4月にオープン。道の駅になった2017年3月から全国各地の道の駅で販売されているのと同じ「道の駅」記念きっぷを販売しているが、道の駅になった記念に桐(キリ)製オリジナルきっぷを製作、販売した。

残り少ない木製の道の駅記念きっぷ
残り少ない木製の道の駅記念きっぷ

それから2年たった今も、桐のきっぷを再発売しないのかと問い合わせや要望があることから、オープン3周年記念で材木を5種類に増やして各種類50枚限定で1枚税込み800円で販売している。購入は1人各種類3枚まで。道の駅きっぷと同じサイズだが、厚さは3ミリある。

29日午後4時半までの販売数は、多く売れた順で、桧44枚、桐43枚、松38枚、杉34枚、タモ33枚。多くの人が予想する通りの人気ランキングだ。

にぎわう29日の館内
にぎわう29日の館内

きっぷの裏面には、それぞれの木材の名称を大きく印刷した。香りや重さ、色、木目、質感などに違いを手にとって確かめることができておもしろい。

これにあわせた通常の道の駅記念きっぷも「紙」と印刷した同じデザインのものを用意。紙も元はと言えば木材や和紙ならコウゾなどが原料で、これもある種の木製というわけ。300枚限定で税込み180円で販売している。

ワークショップで作る布リースとドライフラワーを使ったボールペンと講師の熊谷真澄さん
ワークショップで作る布リースとドライフラワーを使ったボールペンと講師の熊谷真澄さん
5月3日のワークショップで作る苔テラリウム
5月3日のワークショップで作る苔テラリウム

このほかにもガーデンフェスでは、新潟&千葉特産品フェア、農業女子園芸グッズ販売会、苔(コケ)を使ったワークショップ、春の特製ランチボックス販売などを開催。30日は日本フラワーデザイナー協会講師の熊谷真澄さんを講師に布リース(参加費1,500円)とドライフラワーを使ったボールペン(1,300円)を作るワークショップ、5月3日は道の駅スタッフを講師に苔テラリウムづくり(1,500円)のワークショップを行う。

人気の人形「令和おじさん」
人気の人形「令和おじさん」

大型連休後半の5月3日から6日までの4日間は植木まつりも同時開催し、1年で最大規模の植木と花苗の大売り出し。また、地元造園業者が製作する人形「令和おじさん」(1,000円〜)も人気だ。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com