GWの弥彦で地ビール、みそ、小麦粉、ゲル (2019.5.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

5月2日から5日まで新潟県弥彦村の多目的施設「ヤホール」で初めて「春の弥彦ワクワクゴールデンウィークフェスティバル」が開かれており、「やひこ麦の陣」と題して地ビールの販売や弥彦産小麦の販売が行われている。

「春の弥彦ワクワクゴールデンウィークフェスティバル」で地ビールの販売
「春の弥彦ワクワクゴールデンウィークフェスティバル」で地ビールの販売

大型連休に弥彦を訪れる観光客に楽しんでもらおうと弥彦村が企画した。地ビールの販売は、1日に発売したばかりの弥彦の特別栽培米「伊弥彦米」を副原料にした地発泡酒「伊弥彦エール」をはじめ、南魚沼市の「ゴールデンスランバーペールエール」と「ライディーンペールエール」、見附市の「Black Shine Stout」の4種をそれぞれ300ml入りのコップで1杯500円で販売し、飲み比べ用に各種160ml入りのコップで提供する4種セットも1,500円で販売している。

麓二区生産組合が生産する強力粉「ゆきちから」(左)と「弥彦味噌」
麓二区生産組合が生産する強力粉「ゆきちから」(左)と「弥彦味噌」

麓二区生産組合が生産する「弥彦味噌」(750g入り・580円)と強力粉「ゆきちから」(500g・450円)の販売も行っているほか、弥彦村とつながりのあるモンゴルの移動式住居「ゲル」の展示やモンゴルの民族衣装の着用も行っている。

展示しているモンゴルの移動住居「ゲル」
展示しているモンゴルの移動住居「ゲル」

初日2日は好天に恵まれ、地ビールの売れ行きも順調。地元の「伊弥彦エール」がすっきりして飲みやすいと好評だった。「弥彦味噌」も昼前にこの日の販売分を完売し、順調な滑り出しだった。毎日午前10時から午後3時まで。入場無料。

モンゴルの民族衣装を着て記念撮影できる
モンゴルの民族衣装を着て記念撮影できる
(佐藤)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


7/27・28 ただいまーと 3周年感謝祭 JAにいがた南蒲
公益社団法人燕市シルバー人材センター会員大募集中!入会特典で日帰り温泉へ割引き優待。まずは入会説明会へ!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com