上越新幹線・大宮ー新潟間の速度向上で最大約7分短縮 (2019.5.9)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

JR東日本は5月8日、上越新幹線の車両をE7系に統一し、騒音対策工事など行って大宮ー新潟間の速度向上とそれによる所要時間短縮に取り組むと発表した。

大宮ー新潟間の最高時速を現行の240キロから275キロに引き上げる。対象車両はE7系で、上越新幹線は2022年度末までに全列車E7系に統一。これにより大宮ー新潟間の所要時間は最速1時間14分のところ最大7分ていど短縮する。

大宮ー高崎間を走行する北陸新幹線も最大2分ていどの時間短縮を見込むほか、すでに着手している上野ー大宮間の工事により、最大1分ていどの時間短縮を見込んでいる。

速度向上のため計約7キロの区間で吸音板を設置し、計約12キロの区間で防音壁かさ上げなどを行う。測量と工事期間は2019年5月中旬から4年ていどを予定している。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com