高校野球・38年ぶり北信越出場を決めた三条高校は決勝で敗れるも堂々の準優勝 (2019.5.12)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

5月11日に長岡市悠久山球場で行われた第140回北信越高校野球新潟県大会の準決勝に勝って38年ぶりの北信越大会出場を決めた県立三条高校は12日、悠久山球場で行われた決勝で日本文理と対戦。3-11で敗れこそしたものの堂々の準優勝を飾った。

準優勝した三条高校

新潟県大会には県内76校が出場してトーナメントで競った。三条は三条東に5-0、上越に8-2、新発田に10-3と勝ち進み、準々決勝で高田に4-3、準決勝で村上桜ヶ丘に3-1で勝ち、同じく準決勝で北越に5-4で勝った日本文理とともに北信越出場を決めた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三条 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3
日本文理 4 3 0 0 0 0 0 4 × 11

決勝では三条が1回表に4番井上大輝(本成寺中)の左越適時二塁打で1点を先制した。前日の準決勝で初めて完投した三条の2年生エース、丸山尊仁(みこと)(加茂中)は先発せず、ストレートをねらい打ちされてその裏に4点、2回裏にも3点と大量得点を許した。

三条が先制
三条が先制

平沢周太郎監督は「ひと回りずつ4人でということで、どんな状況でもそれでいくと決めていったが、あまりにも苦しい展開になったのでなかなかできなかった」と振り返った。「2回の途中でちゃんと指示を出せば良かった」、「変化球を混ぜたら落ち着いてくれた。少し悔いが残る」と話した。

3回表に2点を追加して3-7と追い上げ、応援席も盛り上がったが、その後は両校とも得点できず小康状態に。8回裏、準決勝勝利の立役者の丸山が登板したが、やはり疲れが残っていたこともあるのか、連打を許して4失点。再び3-11と引き離されたまま試合終了となった。

三塁側スタンドの三条の応援
三塁側スタンドの三条の応援

平沢監督は「きょうは宿題をいっぱいもらった。お勉強は得意なはずなので、なんとかその宿題をしっかりこなして、まずは北信越にしっかりと立ち向かって最後には1点上回って勝てるようにしていきたい」と笑いもまじえてにこやかに話した。表彰式では、慣れたようすの日本文理に対して三条はどこかぎこちなく、対照的だった。

三塁側のスタンドには三条の野球部OBや卒業生が声援を送った。財務省から新潟県総務管理部長に就く佐久間寛道さん(43)は三条市出身で三条の野球部OB。自身の時代は「春でベスト16が最高でした。昔、優勝した人たち以来の強さと言われ、優勝候補とも書かれた」と言う。

インタビューに答える平沢監督
インタビューに答える平沢監督

後輩の戦いぶりを目の当たりにして「強いですね。前向きな気持ちと平常心がすばらしい。あんなに点を取られて実力差があると言われているのに、3回以降を見たら(8回を除いて)2-0ですから」と分析、評価し、「何とか富山の北信越大会を見に行けないかな」と早くも次の戦いに心躍らせていた。

52歳の野球部OBは、「いや〜、とにかくうれいしいね〜」としみじみ。前回、北信越大会に行ったのは4年上の先輩にあたり、「きょうはそのときのメンバーはみんな見に来ている」。その北信越大会では石川県の名門、星陵に初戦で敗れたと言う。

8回裏に登板した2年生エース丸山尊仁
8回裏に登板した2年生エース丸山尊仁

この決勝戦では「ぜひ優勝してもらいたい。秋なら21世紀枠、もしくは選抜にかかるんだけど」と期待を膨らませて観戦していた。

 13年前まで3年間、三条の野球部マネジャーを務めた31歳の女性は「あたしたちのころはめっちゃくちゃ弱かった。だいたい1、2回戦負けでした」。進学校だけに「勉強と両立してここまで勝ち上がって来るのは本当にすごい」と、北信越出場の快挙に、とにかく驚いた。

準優勝の賞状とトロフィーを受ける三条
準優勝の賞状とトロフィーを受ける三条

「この前、子どもたちと三高野球部と遊ぶイベントがあって、それに行ってきて、みんなすごいいい子たちで、地域の子どもたちも大切にしつつ、こういうところで力も発揮できてすごくいいチームと思って」と目をうるませ、結果だけでなく選手の姿勢に親のような気持ちで感動していた。

北信越大会は6月1日から富山県で行われる。三条のメンバーは次の通り。

■先発選手

  1. (二)加藤禎孝(3年・三条第三中)
  2. (右)長谷川聡太(3年・三条第二中)
  3. (捕)小林丈一郎(3年・大崎中)
  4. (一)井上大輝(3年・本成寺中)
  5. (投)熊倉紳太郎(3年・三条第二中)
  6. (中)関川達也(3年・小池中)
  7. (左)井上颯大(3年・本成寺中)
  8. (三)坂井壮真(3年・三条第二中)
  9. (遊)藤井健太(3年・三条第二中)

■控え選手

  • 丸山尊仁(2年・加茂中)
  • 外山大樹(3年・田上中)
  • 土井祐輔(3年・三条第三中)
  • 白井暉人(2年・燕中)
  • 高橋亮太(3年・燕北中)
  • 八子慎(3年・分水中)
  • 霜鳥凌成(2年・吉田中)
  • 高橋快(3年・大崎中)
  • 野口隼矢(3年・分水中)

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
2019県央工高同窓会 6月14日(金)
三条信用金庫栄支店5月27日(月)オープン
いい湯らてい
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com