戸隠神社の春季祭礼が始まり2つの万灯が競演 (2019.5.18)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市宮町の戸隠神社(星野和彦宮司)の春季祭礼が5月18日(土)を宵宮祭、19日(日)を例大祭に2日間にわたって行われており、18日は午後から2つの万灯組による伊勢音頭の祭りばやしがまちなかに響いている。

木場小路万灯組が集会所で最初の踊りを披露
木場小路万灯組が集会所で最初の踊りを披露

万灯は、木場小路万灯組と横町万灯保存会の2つがそれぞれ出す。万灯は台車の中央に灯ろうを載せ、てっぺんから色紙を折って作った花で飾ったタケ数十本を傘のように垂らしたもの。万灯の上で若連中が太鼓や笛で祭りばやしを奏で、「ひょっとこ」と呼ぶ男の子が扇子を広げて踊る。

木場小路万灯組の出陣式
木場小路万灯組の出陣式

さらに木場小路は「お玉」、横町は「踊り子」と呼ぶそれぞれ12人の小学生の女の子が「伊勢音頭」を踊って門付けに回る。「下座」と呼ぶ街頭踊りの披露を18日は3回、19日は4回行う。

横町万灯保存会が花柳流の師匠の家の前で最初の踊り披露
横町万灯保存会が花柳流の師匠の家の前で最初の踊り披露

18日、木場小路万灯組は午後3時から役員を中心に20人ほどが集まって出陣式、4時半から戸隠神社裏の集会所で全員で踊る下座を行ってから門付けに出発した。横町万灯組は午後3時半から花柳流の踊りの師匠の家の前で下座を行ったあと、練習場所でもある第一生命ビル前に約150人が集まって出陣式、続いて下座を行って門付けに出発した。

18日の最高気温は三条で29.5度と真夏日に迫った。午前中は青空が広がって日差しが照りつける猛暑で体調が心配されたが、夕方に向かって雲が広がるとすーっと気温も下がり、過ごしやすい陽気になって元気に門付けに出発した。

横町万灯保存会の出陣式
横町万灯保存会の出陣式

ことしは令和に元号が変わって最初の春祭り。木場小路万灯組は、この日の午後8時から戸隠神社境内で行う下座をふだん5本のところ、今回は令和を祝って7本に増やすことを確認。横町万灯保存会は顔を白塗りして額に4人がそれぞれ額に「令」、「和」、「元」、「年」と書き、慶祝ムードも見られる。

額に「令」「和」「元」「年」

また、大通りは車両通行止めにして露店が並び、昨年の98店を上回る109店が出店している。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com