23日に近美学芸員を講師に美術講座「亀倉雄策のグラフィックデザイン」 (2019.5.21)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市の燕市立吉田図書館(指定管理者・株式会社図書館流通センター)では、5月23日(木)午前10時から吉田図書館で美術講座「亀倉雄策のグラフィックデザイン」を開く。

美術講座「亀倉雄策のグラフィックデザイン」のポスター
美術講座「亀倉雄策のグラフィックデザイン」のポスター

亀倉雄策(1915-97)は燕市の旧吉田町の出身。1964年の東京五輪のポスターをデザインした戦後日本を代表するグラフィックデザイナーで、グッドデザイン賞のロゴマークもデザインしている。燕市名誉市民。

美術講座では、新潟県立近代美術館の浜田真由美学芸員を講師に1時間、聴講する。定員50人、参加費は無料。受講したい人は直接、会場へ出向く。問い合わせは燕市立吉田図書館(電話:0256-92-7650)。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com