1、2日と三条凧合戦 三条マルシェも同時開催 (2019.6.1)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

三条凧協会(須藤謙一会長)と三条市は6月1、2日の2日間、ことしも三条防災ステーションで「三条凧(いか)合戦」を開き、18の凧組が六角巻凧で空中戦を繰り広げる。両日とも三条マルシェが同時開催する。

三条凧合戦のポスターと三条凧協会の須藤会長
三条凧合戦のポスターと三条凧協会の須藤会長

三条凧合戦は、県指定無形民俗文化財で、毎年6月の第1土曜と日曜の2日間、開催している三条の初夏の風物詩。凧は六角形で、横骨2本と中骨1本のタケ3本と和紙でできており、中骨を抜いて芯にしてくるくると巻くことができることから「六角巻凧」と呼ばれ、三条が発祥の地とされている。

ことしは、高橋一夫前会長の任期満了により選出された須藤新会長(51)となって初の合戦。参加の凧組は、「三武会」1組が減って18組。また、「一ノ門清正組」の名称と加藤清正をモチーフにした同組の看板凧のデザインなどを一新して「一ノ木戸清正組」が引き継いだ。

合戦は、18の凧組が赤白のエリアに分かれて対戦。空中で糸をからめ、対戦相手の糸を切ったり、凧を落としたりして獲得した得点により成績が決まる。

マスコットキャラクターの名前を募集
マスコットキャラクターの名前を募集

初日1日は、各凧組による凧揚げが主で、2日目の午前中はイベントやアトラクションを行う。合戦は、初日は、午前9時から午後4時まで(昼食休憩の正午から午後1時までは除く)、2日目は午後1時から4時まで行い、5時半からの閉会式で幕を閉じる。

2日は、午前9時から開会式、9時半から子供凧揚げ、10時半からアトラクションは、きらきら保育園(和太鼓)、一ノ木戸小学校(三条凧ばやし)、三小相承会(和太鼓)が出演。11時15分から凧合戦のデモンストレーションを行う。毎年行っていた小凧抽選会は行わない。

また、このほど誕生した三条凧協会のマスコットキャラクターの名前を募集しており、会場に投票箱を設置して、投票を呼びかける。

両日とも午前10時から午後4時まで、自由凧揚げ広場を開放。三条マルシェも開催される。

(坂井)

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕・弥彦の地域密着型の福利厚生プログラムを提供 「タンポポ」が20周年記念事業
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com