国上山ふもとで親子ホタル観賞会もホタル不在 (2019.6.16)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市国上の特定非営利活動法人ふれあいパーク久賀美(河上功理事長)は6月15日、指定管理者となっている日帰り温泉「てまりの湯」と裏手の国上山ふもとで親子ホタル観賞会を開いた。

親子ホタル観賞会で「てまりの湯」でホタルの勉強
親子ホタル観賞会で「てまりの湯」でホタルの勉強

ホタルの飛翔地でホタルを観賞してもらおうと毎年開いている。親子など約50人が参加し、ホタルを観賞した。残念ながら時期が早かったこともあるのかホタルが少なく、数匹のホタルを短い時間しか見ることができなかった。

「てまりの湯」では、県のホタル保護指導員で長岡市与板町の与板町ほたるを守る会の坂井健一会長が、ホタルの生態や習性について、ゲンジボタルとヘイケボタルの違い、実は水生ホタルより陸生ホタルの方がずっと種類が多いことなどを話し、またホタルが多く飛ぶようになったら日をあらためて観賞を勧めていた。

講師の与板町ほたるを守る会の坂井会長
講師の与板町ほたるを守る会の坂井会長

また、坂井会長は6月22日(日)夜、三条市矢田のしらさぎ森林公園で開かれている花菖蒲まつりに参加し、オリジナルホタルカクテルを販売する。与板町ほたるを守る会は毎年、オリジナルカクテルを創作しており、ことしは地元の田中清助商店とコラボレーションしたジンと煎茶(せんちゃ)を使いホタルに見立てた金粉を入れた「与板ホタルのジン」(450円)を販売する。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


7/27・28 ただいまーと 3周年感謝祭 JAにいがた南蒲
公益社団法人燕市シルバー人材センター会員大募集中!入会特典で日帰り温泉へ割引き優待。まずは入会説明会へ!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com