10回目の猫展 15組の作家がネコをモチーフにした作品を展示 (2019.6.20)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

加茂市岡ノ町、貸しアトリエ「あとりえ きっか」では、20日から23日まで10回目となる「猫展」を開き、絵画や手工芸など幅広いジャンルの15組の作家がネコをモチーフにした作品を展示している。

貸しアトリエ「あとりえ きっか」で開かれている「猫展」
貸しアトリエ「あとりえ きっか」で開かれている「猫展」

2010年から毎年開いており、ことしも中央や県内で活躍する芸術家やハンドメイド作家が参加。編みぐるみ、漆芸、羊毛フェルト、日本画、木工、イラスト、陶芸、木工、オーブン粘土、布などで作られたネコたちが集まった。

展示作品

作品は、ネコそのものを表現したものや、ネコをデザインしたものなどさまざま。ネコ柄の布を使った帯、漆芸でネコを描いた石のペーパーウェイト、ネコを刺繍やアップリケでデザインしたエプロン、バック、絵はがき、マスコット、アクセサリーなどにデザインしたものもあり、販売もしている。

展示作品

作品展を毎回、楽しみにしているリピーターも多い。来場者は、ユニークな表情のネコたちをじっくりとのぞきこんだり、離れたりして、買物とあわせて楽しんでいた。

出展作家たち
出展作家たち

また、同アトリエ主宰の長谷川優子さんは、東日本大震災と熊本地震で被害を受けた文化財の保護のために、2011年から企画展のたびに募金を行っている。今回も募金箱を設置し、寄せられた善意を文化財の保護をしている財団に寄付する。

猫展は、午前10時から午後5時までで、最終日の23日は午後4時まで。入場無料。

(坂井)

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com