燕市は今井主事を村上市の被害状況調査業務支援に派遣 (2019.6.21)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

6月18日夜に震度6強の地震に見舞われた新潟県村上市で羅災証明書交付に伴う被害状況調査業務を支援する職員1人を派遣する燕市は、21日午後1時過ぎから市役所で派遣職員の出発式を行った。

村上市へ被害状況調査業務の支援に派遣される今井主事
村上市へ被害状況調査業務の支援に派遣される今井主事

ことし3月に新潟県と県内全市町村が締結した「チームにいがた」による相互応援協定基づく初めての応援で、県と村上市を含む24市町村が2017年度末に共同導入した「新潟県被災者生活再建支援システム」を初めて活用した業務にもなる。

被害状況調査業務の支援で県4人と県内16市町村から1人ずつの計20人の応援職員を6月22日から25日まで派遣し、県央地域からも三条市と燕市が派遣する。

燕市が派遣するのは、税務課資産税2係の今井太一主事(31)。昨年9月の北海道胆振東部地でも安平町へ派遣されており、今回はその経験を買われての派遣。出発式では鈴木力市長に対し「発災から4日、県も村上市もスピード感をもって被害調査に尽力しており、わたしもこのスピード感に乗れるように、派遣も2回目になるので引っ張っていくくらいの気持ちをもって頑張ってきたい」と述べた。

村上市へ被害状況調査業務の支援に派遣される今井主事

すでに自分の家を修繕している人も多いと聞き、「そこをどうしたらいいのか質問したい」。また、母親の実家が山形県酒田市なので村上市へは通り慣れた道で、土地勘もあって頼もしい。鈴木力市長も「暑くなるので頑張って」と激励した。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


7/27・28 ただいまーと 3周年感謝祭 JAにいがた南蒲
公益社団法人燕市シルバー人材センター会員大募集中!入会特典で日帰り温泉へ割引き優待。まずは入会説明会へ!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com