寺100は新たに加茂・田上の小学生にも対象を広げて100人参加 (2019.6.27)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

8月7日(水)から11日(日)まで行われる夏休みに小学生が親元を離れて4泊5日で100kmを踏破する「寺子屋つばさ100km徒歩の旅(寺100)」の保護者説明会が6月16日、三条市厚生福祉会館で開かれ、ことし初めて加茂市と田上町の小学生も加わり、参加する100人の小学生の保護者などが出席した。

寺子屋つばさ100km徒歩の旅の保護者説明会
寺子屋つばさ100km徒歩の旅の保護者説明会

保護者説明会では、事業説明、実施DVD上映、学生スタッフの研修の説明、学生スタッフが自己紹介と隊列の運営の説明などを行うとともに、万全の体制で事業に取り組んでいることを保護者から理解してもらった。

参加する小学生に直接、接するのは大学生や専門学校生の学生スタッフ。昨年、ことしと学生スタッフは60人を数え、百人以上の参加者を受け入れられる体制ができているが、昨年の参加は80人にとどまった。そのため、これまで三条市、燕市、弥彦村の小学生を対象にしてきたが、ことしは加茂市と田上町の小学生にも対象を広げた。

嘉瀬会長
嘉瀬会長

その結果、加茂市と田上町から10人の参加申し込みがあり、合計でちょうど100人になった。寺子屋つばさ100km徒歩の旅実行委員会の嘉瀬一洋会長は、参加者の1割ほどが同様の組織で取り組む事業「ゆきんこカップ」、「はらぺこ塾」の参加者で、それぞれの事業が連携していることや、加茂市、田上の小学生も加わって県央地域一円に広がっていることを喜んでいた。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


7/27・28 ただいまーと 3周年感謝祭 JAにいがた南蒲
公益社団法人燕市シルバー人材センター会員大募集中!入会特典で日帰り温泉へ割引き優待。まずは入会説明会へ!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com