29、30日と燕戸隠神社で夏越の大はらえ 29日は雨が水を差す (2019.6.30)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市宮町、戸隠神社(星野和彦宮司)は29、30の2日間、夏越(なごし)の大はらえを行っており、29日夜は直前まで強い雨が降り、約30人が参拝した。

29日は拝殿のなかで行われた夏越しの大はらえ
29日は拝殿のなかで行われた夏越しの大はらえ

大祓は、6月と12月の末日に半年分の罪やけがれを取り除く行事で、12月は「年越(としこし)」として良く知られるが、6月は「夏越」と呼ぶ大はらえ。茅の輪(ちのわ)くぐりは夏越の大はらえとあわせて多くの神社で行われ、茅萱(チガヤ)で作った輪を8の字を描くように左回り、右回り、左回りの順にくぐってけがれをはらう。

茅の輪くぐりは各自で行った
茅の輪くぐりは各自で行った

戸隠神社でも、ことしも鳥居の下に茅の輪を設置。夏越の大祓は本来は30日に行うが、30日は都合が悪くて参拝できない人のために戸隠神社では29日にも前日祭を行っている。

2日間とも午後8時から。29日は午後から強い雨が降っていたが、大はらえが始まる直前にぴたりとやんだ。しかしいつ再び降り始めるかわからないので、大はらえに先だって神官を先頭に行列をつくって行う茅の輪くぐりは中止し、参拝者それぞれで茅の輪くぐりをしてもらってから、拝殿で大はらえだけ行った。

チガヤと菓子を受ける参拝者
チガヤと菓子を受ける参拝者

参拝者が30日は300人、29日でも100人近くを数える年もあるが、雨のせいで参拝者はまばら。大はらえもいつもは拝殿の前で行うところ、参拝者が少なく雨の心配もあるので拝殿の中で行い、罪やけがれを払ってもらった参拝者はチガヤと菓子を受け取った。30日も午後8時から大はらえを行う。

(佐藤)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com