燕市が拠点のフォルトラークの気軽なクラシックコンサートでさわやかに (2019.7.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市に拠点を置くクラシック音楽の演奏者とその支援者でつくる「フォルトラーク(Vortrag)」(田辺良文会長)のジョイントコンサートが6月29日、燕市文化会館展示ホールで開かれ、約130人が来場して梅雨のひとときをさわやかな楽しい演奏に耳を傾けて過ごした。

浅野さん(ピアノ)と永桶さん(ソプラノ)
浅野さん(ピアノ)と永桶さん(ソプラノ)

フォルトラークは2016年4月に発足し、燕市文化会館でのコンサートは17年2月に旗揚げ公演を行って以来2年ぶり2回目となった。出演したのは7人の演奏者のうち6人。燕市のピアノの浅野加歩理さん、三条市のソプラノの永桶康子さん、フルートの石丸凉子さん、そして新潟市秋葉区のサックスの田村亮太さん、新潟市西区のピアノの小瀧恵子さん、上越市のメゾソプラノの中森千春さんが出演した。

前半は誰にも聞き覚えのある曲をそろえた親しみやすい選曲。後半は「カルメン・ステージ」と称してビゼー作曲の歌劇「カルメン」のダイジェストなどを演奏した。小編成でサックスが入るのは珍しい。チェロの曲をサックスで演奏したり、バイオリン曲のフルートで吹いたり、ピアノ伴奏に続いて舞台裏からサックスを吹きながら登場したりと趣向も凝らした。

浅野さん(ピアノ)と石丸さん(フルート)
浅野さん(ピアノ)と石丸さん(フルート)

「カルメン・ステージ」は、永桶さんがMCを担当し、あらすじや登場人物の心の変化、時代背景などの解説をはさみながら演奏したので、クラシックに明るくない人にも興味深く鑑賞でき、親しみやすいコンサートだった。

浅野さん(ピアノ)と田村さん(サックス)
浅野さん(ピアノ)と田村さん(サックス)

小瀧さん(ピアノ)と中森さん(メゾソプラノ)
(佐藤)

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com