東京五輪に向けロシア体操チームが加茂市で事前合宿 (2019.7.12)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

2020年東京五輪のロシア代表候補を含むロシア体操男女チームの7月11日から新潟県加茂市の加茂市体操トレーニングセンターで事前合宿を始めた。

加茂市へ五輪の事前合宿に訪れたロシア体操男女チームを歓迎
加茂市へ五輪の事前合宿に訪れたロシア体操男女チームを歓迎

合宿に訪れたのは男子10人と女子14人の選手にスタッフを含め54人。11日は午前10時から地元の園児も参加してチームを歓迎した。藤田明美市長は「この選手たちが秋の世界選手権や来年の東京五輪で活躍し、すばらしい成績をあげてくれることを期待する」と述べ、チーム代表団長でヘッドコーチののロジオネンコ・アンドレイさん(77)は「両国の友好を保つように頑張りたい」と話し、藤田市長からヘッドコーチに花束、ヘッドコーチから藤田市長にチームのキャップととロシアの木製人形マトリョーシカをデザインしたTシャツを贈った。

加茂市体操トレーニングセンターで練習を開始
加茂市体操トレーニングセンターで練習を開始

記念写真を撮ってさっそく加茂市体操トレーニングセンターで練習を行った。チームは7月30日までの約3週間、滞在して休養日を除く毎日、練習する。14日を除く11日から17日までの毎日午前10時から午後1時半まで練習を公開するので誰でも見学できる。。ロシアは3年前のリオ五輪で8個のメダルを獲得。参加選手には昨年の世界体操選手権大会個人総合の金、銅のそれぞれメダルをとった選手も含まれており、世界トップレベルの選手を肌で感じることができる。

2017年夏にロシアの視察団が九州共立大学と順天堂大学も視察したなかで加茂市体操トレーニングセンターを合宿先に選んだ。加茂市体操トレーニングセンターは、日本代表チームや北京五輪に向けたドイツの女子チームの合宿にも使われたことがある。

改修された加茂市体操トレーニングセンター
改修された加茂市体操トレーニングセンター

2006年に建設されたが、合宿が決まったのに伴って設置されていた床、跳馬、あん馬、つり輪などの器具すべてを東京五輪使用器具に入れ替えた。入れ替えの時期が迫っていたいのでちょうどいい更新のきっかけにもなり、器具入れ替えに建物の改修も含めて約6,700万円を投じて施設を整備した。

ウォーミングアップ
ウォーミングアップ

チームは1年後の今ごろにももう一度、今度は東京五輪の直前合宿を行う。初日の練習が始まるとヘッドコーチは器具や施設の状態を細かくチェックし、改善点などを加茂市の担当者に要望していた。藤田市長は「まずは練習に集中していただき、せっかくなので市民が見学する機会ももらった。(東京五輪が)いよいよなんだなという気持ちが高まってきた。ロシアチームを頑張って応援したい」と話した。

(坂井


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


7/27・28 ただいまーと 3周年感謝祭 JAにいがた南蒲
公益社団法人燕市シルバー人材センター会員大募集中!入会特典で日帰り温泉へ割引き優待。まずは入会説明会へ!
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com