桐の魅力を伝える体感イベント 28日まで燕三条地場産センターで (2019.7.27)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

7月27(土)、28(日)の2日間、道の駅「燕三条地場産センター」(新潟県三条市須頃)で、「桐(キリ)たんす」のまちとして知られる近隣の加茂市で多く扱われる桐材の魅力を伝える体感イベントが開かれている。

燕三条地場産センターで開かれている桐の魅力を伝える体感イベント
燕三条地場産センターで開かれている桐の魅力を伝える体感イベント

むくの桐を使った家具や床材、キッチンアイテムなどを販売する株式会社イシモク(山口智子社長・加茂市加茂新田)が行っているもので、物産館前にコーナーを設置。まな板のデモンストレーションをはじめ、桐で作ったロッキングチェアのさわり心地の体感、桐のまな板や米びつの販売を行っている。

まな板のデモンストレーションでは、実際に物を切って柔らかい桐が包丁を優しく受け止める感触や表面を水でぬらして水の膜を張って使うことで色の濃い野菜を切っても色が付着せず、においも残らないことを確認してもらっている。

桐のチェアのさわり心地を体感できる
桐のチェアのさわり心地を体感できる

販売価格は一般的な家庭サイズの420×235ミリで税抜き3,000円。「まな板屋かと思うほど」同社の中心的な人気商品で、「見るだけじゃ伝わらない桐の魅力を見てふれて感じてほしい」と山口社長。「ものづくりのこだわりや思いも伝われば」と話している。2日間とも午前10時から午後4時まで。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんお盆フェア2019 - 燕三条地域の地場産センター 燕三条地場産業振興センター
「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com