弥彦を訪れているモンゴル・エルデネ村の友好交流団が粟島浦村へ (2019.7.28)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県弥彦村と友好都市協定を結ぶモンゴルのエルデネ村から、中学1年生から高校生1年生までの5人と村長ら4人の合わせて9人の友好交流団が7月22日から29日まで来日し、弥彦村などで交流を図っている。26、27日は1泊2日で粟島浦村に渡って過ごした。内陸のモンゴルにはない海をたっぷり感じてもらおうと企画した。遊牧民の歴史があるモンゴルでは、ウマは身近な存在で、粟島浦村のウマともふれあってもらった。そのようすを弥彦村の同行職員がリポートした。

港では歓迎セレモニーが催され、粟島浦村の子どもたちによるソーラン節が披露されました。

モンゴルにはない海を背に記念写真
モンゴルにはない海を背に記念写真

牧場にて粟島浦村の子どもたちの乗馬の披露があり、エルデネ村の子どもたちも乗馬を楽しみました。

エルデネ村の子どもたちの中には馬や羊など家畜を1000頭飼っている子もおり、「前足が疲れやすいから、水分を前足にあててあげるといい」とモンゴルでの馬の手入れを粟島浦村の子どもたちに教えていました。

粟島浦村役場前で
粟島浦村役場前で

また、一緒に海水浴やバーベキュー、サッカーを行い、親睦を深めました。

特に、モンゴルには海がないので、海水浴では水をかけあったり、泳いだり、浅瀬にいた貝や魚に興味津々で元気に遊んでいました。2日目の朝食では、わっぱ煮をいただき、郷土料理を味わいました。

遊牧民のモンゴルではウマは身近の存在だが牧場で日本のウマともふれあう
遊牧民のモンゴルではウマは身近の存在だが牧場で日本のウマともふれあう

島の子ども達と海水浴

(弥彦村)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんお盆フェア2019 - 燕三条地域の地場産センター 燕三条地場産業振興センター
「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com