猛暑と豪雨の栄ふるさと夏まつりに昨年上回る1万3500人 (2019.7.28)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市で3地区で行われる夏まつりの皮切り、栄地区の「栄ふるさと夏まつり2019」が27日、市役所栄庁舎駐車場で開かれた。日中は猛暑、夜は豪雨と厳しい天気の試練を受けたが、主催者発表で昨年より1,500人多い13,500人の人出でにぎわった。

大声コンテスト
大声コンテスト

昨年は災害レベルの猛暑に見舞われ、昼の部のイベントを中止せざるを得なかった。猛暑対策でこれまで正午だったスタートを午後3時に遅らせた。

日中は三条で最高気温35.2度のことし最高を記録する猛暑日となり、立っているだけで汗が噴き出す暑さだった。昨年に続いて暑さ指数とにらめっこしながらの運営となった。

人気のアユの塩焼き
人気のアユの塩焼き

地区住民が次々と訪れ、屋外の特設ステージでは、よさこいやHIPHOPダンスの総踊り、大声選手権、ビンゴ大会、三条市出身の全盲の高校生シンガー佐藤ひらりさんのピアノ弾き語りコンサートなどが次々と繰り広げられた。半羽から揚げやアユの塩焼き、かき氷などの販売、射的など地元の団体や飲食店などによる店が並んだ。

夜は雨の予報だったので、夕方の協議で花火大会を15分早めて午後7時40分の打ち上げ開始に変更したが、6時半過ぎからの佐藤ひらりさんのコンサートが始まってまもなく雨が降り出し、どしゃ降りになった。

雨上がりの夜空に
雨上がりの夜空に

会場のテントや庁舎内で雨宿りをしていてもずぶぬれになるほどの大雨で、花火見物をあきらめて帰る人も多かった。幸い花火大会がスタートすると雨はあがり、澄んだ夜空を彩る令和になって最初の花火を楽しんだ。

土砂降りの雨のなかで浴衣で歌う佐藤ひらりさん
土砂降りの雨のなかで浴衣で歌う佐藤ひらりさん

猛暑のなかでよさこいソーラン
猛暑のなかでよさこいソーラン

出店
出店

大声コンテスト
大声コンテスト

氷で涼を提供
氷で涼を提供

大雨で一時中断
大雨で一時中断

花火大会
花火大会

雨にぬれたアスファルトに映る花火
雨にぬれたアスファルトに映る花火

雨にぬれたアスファルトに映る花火

(坂井)


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com