燕市版第2弾マンホールカードが史料館で8月7日配布開始 (2019.8.5)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

国交省や下水道関連団体でつくる「下水道広報プラットホーム(GKP)」が企画、監修する「マンホールカード」第10弾が8月7日に配布開始され、燕市版のマンホールカード第2弾も配布される。

燕市産業史料館前に設置された新たにマンホールカードに採用された燕地区のマンホールのふた
燕市産業史料館前に設置された新たにマンホールカードに採用された燕地区のマンホールのふた

マンホールカードは全国の自治体からマsンホールのふたを募集、採用して作成し、無料配布している。これまでに478種、、407自治体のマンホールカードを作成し、今回の第10弾で新たに61種、61自治体が追加される。

燕市は2017年12月9日配布開始の第6弾で分水地区のマンホールのふたのデザインが採用されており、今回で2回目の採用。採用されたのは、燕地区のマンホールのふたで、旧燕市の市章を中央に上昇するツバメと市の花のキク、市の木のマツがデザインされている。

このマンホールカードの配布場所は燕市産業史料館。間違えてすでに配布を受けに来館した人がいるが、8月7日までは同史料館にマンホールカードはなく、配布しないので注意する。

左が新たに配布される燕地区のマンホールのふたがデザインされたマンホールカード、右がすでに配布されている分水地区のマンホールのふたがデザインされたマンホールカード
左が新たに配布される燕地区のマンホールのふたがデザインされたマンホールカード、右がすでに配布されている分水地区のマンホールのふたがデザインされたマンホールカード

配布開始に伴って同史料館前の歩道には、燕地区のマンホールのふたを歩道に設置した。下に下水道は埋設されておらず、いわばダミーのふただが、マンホールカードを配布していることをアピールする。

先に配布開始された分水地区のマンホールカードは、道の駅「国上」で配布している。ほかに県央地域では三条鍛冶道場で第5弾で採用された三条市のマンホールカードが配布されている。

memo

燕市産業史料館前に新たにマンホールカードに採用された燕地区のマンホールのふたが設置されたが、マンホールカードに印刷されたふたと色味がかなり違う。史料館前に設置されたふたは、数日前に見たときは着色がされていなかった。いつの間にかカラー版になっていたい。着色されたのだろうか…。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんお盆フェア2019 - 燕三条地域の地場産センター 燕三条地場産業振興センター
「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com