東三条駅前駐車場で「ヒガサン駐車場祭」 8月10・11・12・23・24日 (2019.8.8)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市が2018年9月1日にJR東三条駅前に開設した東三条駅前駐車場の利用増を図ろうと、地元商店主の企画にのっかって8月10(土)、11(日)、12(月)の2日間と23(金)、24(土)の2日間の計5日間、東三条駅前駐車場で「ヒガサン駐車場祭」を開き、出店やイベントを行う。

「ヒガサン駐車場祭」が開かれる東三条駅前駐車場
「ヒガサン駐車場祭」が開かれる東三条駅前駐車場

タイトルの「ヒガサン」は「東三条」の略。5日間とも午後5時から9時まで開き、飲食店が出店する。10日から12日は「侍ラーメン」、「とりからボンバー」、「ホルモン焼きうまっ」、「韓はらん」、「大判焼あかしま」が出店し、23、24日はそれに加えて「MITSUKE Locl Brewery」、「SOYL Cafe」が出店する。

イベントは10日に午後6時から長岡市中之島地区のよさいこいサークル「すいれん」、6時半から長岡市のゴスペルシンガー片桐晴海さんがゴスペルを披露するほか、23、24日は子ども縁日を開き、スーパーボール&おもちゃすくい、お絵かきうちわを用意する。縁日も無料の予定だが、詳しくはこれから決める。

東三条駅前駐車場は長崎屋東三条店跡地にオープンした。自動車28台、マイクロバス2台、自転車200台の駐車スペースがある。午前9時から午後9時まで利用でき、料金は最初の30分は無料、以降30分ごとに100円。

「ヒガサン駐車場祭」のちらし
「ヒガサン駐車場祭」のちらし

スタートした昨年8月1カ月間の利用台数は676台。それから順調に利用を増やし、ことし6月は1,048台と初めて千台の大台を超え、7月も過去最高の1,176台の利用があり、1日当たり約40台の計算になる。

利用目標を定めているわけではないが、市では収容能力を考えるとまだ利用が少なく、周知が行き届いていないのが原因と考えている。駐車場奥から交番のわきを抜けてすぐ東三条駅に出られる。ことし7月には地元の凧組、東三条五月会が東三条駅前でイベントを行い、約150人の参加があった。

今回のイベントは、出店も行う東三条駅前の飲食店「ホルモン焼きうまっ」の店主が地域を盛り上げたいと市に持ち込んだ企画。東三条駅名駐車場をPRしたい市にとっても渡りに船で、実行委員会を組織して主催することにした。

入場無料なので夕涼みがてらの気軽な来場を呼びかけている。また、9月8日は三条市主催で1周年イベントも計画している。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com