応援合戦付き早慶戦を終盤を大いに盛り上げてサマーリーグ閉幕 (2019.8.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市などを会場に8月8日開幕した東京六大学野球をはじめ次期主力選手の育成を目指す「大学野球サマーリーグ」は11日、4日間の日程を終えて閉幕した。最終日11日は注目の応援合戦付き早慶戦が行われていちばんの盛り上がりを見せた。

応援合戦付き早慶戦で盛り上がる
応援合戦付き早慶戦で盛り上がる

東京六大学のうち東京大を除く5大学のほか、首都圏の東洋大と筑波大、新潟県内の新潟大と新潟医療福祉大の計9大学によるリーグ戦のほか、県内高校との対戦も行われた。三条市、見附市、長岡市にある4球場を会場に真夏の炎天下で文字通り熱戦を繰り広げた。

早大のアクロバティックなチアのパフォーマンス
早大のアクロバティックなチアのパフォーマンス

4日間とも晴れて予定通りすべてのカードが行われた。対戦だけでなく、大学側の企画で少年野球教室、試合開始前のノックやブルペンでの投球練習の見学、大学生選手と来場者とのふれいあいも行われた。

早大が同点に追いつく
早大が同点に追いつく

10日の明立戦で応援合戦が行われたが、11日の早慶戦でも昨年に続いて応援合戦が行われ、来場者も700人を超えた。紙製の早大が配布するはりせん、慶大が配布するメガホンを使って応援。卒業生以外にもよく知られた早大の校歌や慶大の応援歌「若き血」を歌い、声援を送った。グラウンド整備の時間を利用して両チームのチアがグラウンドに降りてパフォーマンスも披露した。

両大学応援団と三条高校吹奏楽部で記念写真
両大学応援団と三条高校吹奏楽部で記念写真

応援に応えるようにゲームも競り合いになった。慶大が1点ずつ小刻みに得点して3-0とした7回表に早大が2点を返し、続く8回表に1点を上げて同点に追いつき、早大の応援団は喜びを爆発させた。しかしその裏、慶大はソロ本塁打を放って再びリードし、そのまま試合終了。両大学を大いにわかせる好ゲームだった。昨年は早大が勝っただけに、慶大はリベンジを果たし、これでサマーリーグでの早慶戦は1勝1敗となった。

また試合後、両校応援団に加わった三条高校吹奏楽部にも応援団の呼びかけて大きな拍手が送られた。11日の試合結果は次の通り。

■三条パール金属スタジアム

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
明治 1 0 0 0 0 0 1 1 3 6
早稲田 0 0 1 0 0 0 0 1 0 2

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
早稲田 0 0 0 0 0 0 2 1 0 3
慶応 1 0 1 0 1 0 0 1 × 4

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
慶応 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2
明治 0 1 1 0 0 0 0 0 3

■長岡市悠久山野球場

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東洋 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新潟医福 2 1 1 0 0 0 3 1 × 8

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
法政 0 1 0 1 6 0 1 9
東洋 1 1 1 0 0 0 0 3

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
長岡工高 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
法政 0 0 0 5 1 3 0 0 × 9

■見附運動公園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
新潟 0 0 0 0 0 0 2 0 2
筑波 3 0 4 0 0 0 1 × 8

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
筑波 0 2 1 1 2 0 0 6
立教 0 0 3 2 0 2 × 7

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
三条高 0 0 0 0 1 3 0 4
立教 2 0 4 1 4 7 × 18


ミズノワークショップカーによるスイングスピート測定
ミズノワークショップカーによるスイングスピート測定

試合開始前のウォーミングアップを見学’
試合開始前のウォーミングアップを見学

早大のパフォーマンス
早大のパフォーマンス

慶大のパフォーマンス
慶大のパフォーマンス

早大の応援
早大の応援

照りつける日差しの下で早大の応援
照りつける日差しの下で早大の応援

観客に応援を求める慶大のチア
観客に応援を求める慶大のチア

汗を飛び散らせて懸命の応援
汗を飛び散らせて懸命の応援
関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com