盆用品を求めて盆市ににぎわい あさイチごはんは185食販売の新記録 (2019.8.12)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

8月13日は墓参り。その前日の12日、新潟県三条市のJR北三条駅に近い中央市場で「盆市」とも呼ばれる二七の市が開かれ、ふだんのざっと5割増しの95店が出店して盆用品を求める買い物客でにぎわった。

中央市場で開かれた盆市は色とりどりの花があふれる
中央市場で開かれた盆市は色とりどりの花があふれる

出店数は、市場を運営する「親和会」出店34、農家の臨時出店51、それにミニマルシェ10の内訳。販売開始は午前6時と取り決めているが、少しでも涼しい時間に少しでもいい品物をと5時ごろから買い物客が増え、6時にはすでに人出はピークだった。

盆で取り扱いが多いのは、盆花と精霊棚に飾るミニ野菜。盆花は墓参りに欠かせず、1束数百円ていどから。ミニ野菜はマクラウリ、シロナス、トマト、ホオズキなど色とりどりだ。

皮ごと食べられて人気のブドウ、シャインマスカットは小売店な1房2,000円以上が当たり前だが、農家の直接販売なのでB級品も含め1房1,000円前後からあり、交渉しだいではさらなる値引きも期待できる。

中央市場で開かれた盆市は色とりどりの花があふれる

果物はひところ品薄で値段も高めだったが、今は落ち着き、日照りで糖度も上がってお買い得が高い。ほかの商品も割安感があり、帰省客のもてなしで出費がかさむ家庭には願ってもない。

夏休みとあって出店者も買い物客も子どもや若い人が目立った。ふだんから出店している新潟市南区の旧白根の農家も、この日は家族総出で出店してミニ野菜を売り、市場はファミリーなほのぼのした雰囲気だった。

「いいにおいがするね」と買い物客は果物の香りにひかれ、「仏さまにあげるにはどれがいいかね」と出店者と相談し、アドバイスを受けて品定めしていた。墓参りの13日は午前5時半から10時まで盆花の臨時市が開かれる。

あさイチごはんで185食をさばいててんてこ舞いの三条スパイス研究所
あさイチごはんで185食をさばいててんてこ舞いの三条スパイス研究所

また、中央市場となりのまちなか交流広場「ステージえんがわ」内の三条スパイス研究所が二七の市にあわせて毎回、提供しているワンコイン500円の朝食「あさイチごはん」のこの日の献立は「くじら汁」や「いか大根」。午前7時から9時までの2時間に過去最多の185食を販売し、ピーク時は30分待ちも当たり前の大にぎわいだった。

ご飯に載せた「神楽南蛮味噌」の味が絶妙で、買って帰りたいとむずかる子どももいて、素直の反応がスタッフを喜ばせていた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条じばさんお盆フェア2019 - 燕三条地域の地場産センター 燕三条地場産業振興センター
「しただ×夏野菜」うんめもんフェア〜8/31 道の駅「漢学の里しただ」 8/4鮎のつかみ取り、8/10〜15盆花フェアー、8/24大蛇がやってくる
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com