溶接甲子園で県央工高3年生が全国2位の快挙 (2019.8.27)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

8月3日に愛媛県新居浜市で開かれた「全国選抜高校生溶接技術競技会in新居浜」の被覆アーク溶接部門で2位の優秀賞を受賞した新潟県三条市・県立新潟県央工業高校(木村栄一校長)機械加工科3年の家坂繁樹さん(17)=長岡市神田町3=は27日、国定勇人三条市長を表敬訪問して受賞を報告した。

「全国選抜高校生溶接技術競技会in新居浜」で2位優秀賞となった家坂さん(左)と国定市長
「全国選抜高校生溶接技術競技会in新居浜」で2位優秀賞となった家坂さん(左)と国定市長

全国一をかけて高校生が溶接技術を競う別名「溶接甲子園」。ことしで第3回となり、北海道から長崎県までの17都道府県から37人が出場した。被覆アーク溶接と炭酸ガスアーク溶接の2部門あり、いずれも20分の制限時間内に厚さ9ミリの鋼板2枚を並べてV型開先、裏当て金なしの突合せ溶接を行い、溶接表面形状の出来栄えを目視による外観試験で競う。

各工業高校の代表2人が県大会に出場し、関東甲信越大会と勝ち進んで全国へ。同じ部門に21人が出場した。競技は80点満点で減点はなかったが、5.0点満点の加点の項目が4.0点だったため、合計79.0点で惜しくも2位になった。

溶接のやり方を国定市長に実演して見せる
溶接のやり方を国定市長に実演して見せる

昨年は初出場で入賞できなかった。ことしは各大会で2カ月前から毎日にように練習を積んでリベンジした。入賞は県勢初。市長室を訪れた家坂さんは、国定市長に自身が溶接した鋼板を見せ、溶接棒や自動遮光ゴーグルを持参して溶接のやり方を示した。

国定市長は溶接棒ホルダを持つなり「絶対、無理だね、これ」。動かしてみて「だって震えるもん」、「すごいね。天才だね」と脱帽。家坂さんは16日から就職活動が始めるが、「溶接をしている会社に就職を考えている」と話し、国定市長も就職に太鼓判を押していた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com