元プロ野球選手の小早川さんも参加してスワローズファンとつば九郎と燕市で稲刈り (2019.9.18)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

2010年から東京ヤクルトスワローズとの交流・連携事業に取り組む新潟県燕市がスワローズファン向けに開設する農業体験田「スワローズ・ライスファーム」の稲刈りが9月15日行われ、燕市PR隊鳥でもあるスワローズマスコットキャラクター「つば九郎」に加えて初めて元プロ野球選手の小早川毅彦さん(57)も参加した。

稲刈りする小早川さん
稲刈りする小早川さん

場所を変えながらも2012年から毎年、市内にスワローズ・ライスファームを開設し、市内外からスワローズファンを呼び込んで田植えと稲刈りを行っている。ことしも春にコシヒカリを田植えをしてこの日、収穫を迎えた。

やんちゃするつば九郎
やんちゃするつば九郎

絶好の稲刈り日和に恵まれ、田植えに約150人、見学も含めるとざっと200人が参加した。毎回、飛来しているつば九郎はスワローズのウエアやグッズでそろえたファンの質問に筆談で答え、答えを書いた紙もプレゼントしてサービスした。

たくさんのファンが詰めかけた
たくさんのファンが詰めかけた

小早川さんは広島カープで4番打者を務めた後、スワローズに移籍。1999年に引退し、今は指導者や野球解説者として活躍する。広島県出身で、「子どものころ、田植え、稲刈りをよくやらされてきたので、昔を懐かしく思いながら心を込めて稲刈りをしたい」とあいさつ。ワイシャツの袖をまくり、軍手に長靴を着用し、かまで稲の手がりに精を出していた。

このあと小早川さんによるトークショーも行われた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com