茨城国体の三条市選手団18人をショーアップした演出で壮行 (2019.9.25)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市と一般社団法人三条市スポーツ協会は9月24日、茨城県で始まる国民体育大会と全国障害者スポーツ大会に三条市から出場する選手、監督、コーチ18人の壮行会を開いた。

三条市出場選手壮行会でサッカー女子に4年連続で選出された原田さんが選手宣誓
三条市出場選手壮行会でサッカー女子に4年連続で選出された原田さんが選手宣誓

三条市から出場するのは11競技で、レスリング、カヌー、ゲートボールが3人ずつ、水泳2人、サッカー、テニス、体操、柔道、弓道、フライングディスク、陸上競技が1人ずつの内訳で、区分別の内訳は選手14人、監督3人、コーチ1人。

壮行会は市役所で行い、18人のうち14人が出席。選手団入場で始まり、カウントダウンに続いて一人ひとりディスプレーに顔写真や名前を映してBGMを流しながらプロフィルを読み上げるテレビのようにショーアップした演出で始まった。

三条市の激励金と三条市スポーツ協会の餞別を贈呈
三条市の激励金と三条市スポーツ協会の餞別を贈呈

一人ひとりに国定勇人市長から三条市の激励金と三条市スポーツ協会の野崎勝康会長から同協会の餞別(せんべつ)を手渡した。

国定市長はあいさつで、開催中のラグビーW杯日本大会、来年の2020年東京五輪・パラリンピックを控えて「非常に機運の高まってるなかでの国体」と位置付けて「全国各地から注目される大会になる」とし、「できる限り平常心を保ったまま、日ごろの練習の成果をいかんなく発揮し、新潟県のため、ここ三条市のために貢献してほしい」と激励。12月1日に三条市体育文化会館もオープンし、「これから先の競技人生に少しでも役に立てるよう精一杯、応援していくことを約束する」と述べた。

カヌースプリント監督の渋谷さんが謝辞
カヌースプリント監督の渋谷さんが謝辞

野崎会長は「一緒に競ったり戦ったり、切磋琢磨した仲間が皆さんの後ろに、まわりにいることを忘れず、国体の本番に備えていただきたい」と期待した。

サッカー女子に出場する新潟西高校3年原田采世(あやせ)さん(17)が選手宣誓。カヌースプリントで監督を務める万代高校教員渋谷毅さんが謝辞を述べ、戦う道具と気持ちを整え、気持ちを落ち着かせて勝負に臨むことができれば、最高のパフォーマンスを出して新潟県の目標とする10位以内定着の成績を収められると思うとし、「精一杯、気持ちを整えて頑張ってきたい」と述べた。

記念撮影
記念撮影

選手宣誓した原田さんは、アルビレックス新潟レディースU-18に所属する。ポジションはボランチ。第三中3年のときに初めてバックアップメンバーとして国体の新潟県代表に選出され、高校3年間は毎年、選出された。大学生と社会人が中心のチームのなかで4年連続で選出されているのは原田さんだけで、しかも中学生のときから選出された実績に将来が期待される。

中3のときに岩手国体では新潟県の優勝を経験している。昨年はけがをして出場機会がなかった。ことしは「予選では2試合とも試合に出ることができた。国体でも活躍できるようにしたい」とまずはピッチに立つのが目標だが、もちろん目指すは3年ぶりの優勝。「大学進学は考えているが、将来的にはサッカーにかかわりたい」と話した。

第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」は9月28日から10月8日まで、第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」は10月12日から14日まで開かれる。国体の水泳、ビーチバレーボール、体操の各競技は会期前にすでに行われた。選手団の名前、出場競技、種目、所属、コメントなどは次の通り。敬称略。

水泳 少年男子A 競泳 自由形400m 選手
渡辺 柊 越高等学校
9月16日に国体へ出場させていただきました。結果は13位でした。もっと高みを目指して頑張りたいです。

水泳 成年女子 競泳 自由形400m/女子 オープンウォータースイミング 選手
加藤はなの 新潟大学
9月11日の国体に出場し、オープンウォータースイミングでは7位入賞を果たすことができました。来年は、さらに順位を上げ、新潟県に貢献できるように頑張ります。

サッカー 女子 選手
原田 采世 新潟西高等学校
応援してくださる方々に対する感謝の気持ちを忘れずに、たくさん走ってチームに貢献したいと思います。チーム・個人ともに、いい成績を残せるよう精一杯頑張ってきます。

テニス 男子/女子 監督
矢坂 英也 長岡高等学校 教員
国体では、選手たちが試合に集中できるよう環境作りに専念したいと思います。

体操 成年男子 競技 選手
金子 健三 加茂市スポーツ協会
体操競技は早期開催で競技は終了してしまいましたが精清一杯頑張ってきました。応援ありがとうございました。

レスリング 成年男子
グレコローマンスタイル72kg級 選手
島袋 慶生 新潟県央工業高等学校 教員
成年の部での国体は4回目の出場です。昨年は3位でした。今年は社会人として初めての国体ですので、優勝目指してがんばります。

レスリング 成年男子 フリースタイル125kg級 選手
佐藤 星吉 新潟綜合警備保障株式会社
今年が最初で最後の成年選手代表になると思うので、最後まで諦めず頑張りたいと思います。

レスリング 少年男子 グレコローマンスタイル65kg級 選手
江口 諒 新潟県央工業高等学校
高校最後の大会なので悔いの無いよう全力で戦い、入賞目指して頑張ってきます。

柔道 成年男子 監督
熊倉 匠 新潟県警察 新潟県代表の誇りを持ち、応援いただいている方々への感謝の気持ちを胸に、勝利のため、周到な準備で挑みます。

弓道 少年女子 近的・遠的 コーチ
仲野 一馬 新潟県央工業高等学校 教員
本国体への参加は初めての経験です。監督と共に選手がベストを尽くすことができるように、精一杯指導サポートしていきます。

カヌー スプリント 監督
渋谷 毅 万代高等学校 教員
カヌー競技が上位入賞し、新潟県の総合順位が10位台に到達できるよう、チームのサポートに努めます。三条市民から国体優勝者を出せるようにがんばります。

カヌー 成年男子 プリント/カナディアンシングル 選手
富銘 孝仁 一般社団法人三条市スポーツ協会
昨年は三連覇を逃しましたが、今年はリベンジを果たし、さらに二種目優勝を狙いたいと思います。

カヌー 成年男子 スラローム/カヤックシングル 選手
佐伯 雄太郎 一般社団法人三条市スポーツ協会
去年の国体では上位入賞を逃したので、今年こそはベストパフォーマンスを出して優勝したいです。

ゲートボール 男子 選手
飯塚 和栄 下田ゲートボール連盟北信越の代表として茨城国体に出場できることに感謝しております。

ゲートボール 男子 選手
長谷部 均一 下田ゲートボール連 盟
チームワークとマナーを大切にし、集中して競技を行いました。

ゲートボール 男子 選手
宮田 勉 下田ゲートボール連盟
楽しい思い出ができるように頑張りました。

フライングディスク 男子 選手
刈屋 祐誠 パール金属株式会社
好きなフライングディスクで大会に出場できるので、思いっきりプレーしてきます。

陸上競技 男子 100m/立幅跳 選手
佐藤 秀一 株式会社野島角清製作所
昨年は父が病気で出場できませんでした。今年は出場できてうれしいです。 父も天国から応援してくれていると思います。頑張ります。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com