これで100円は安い! 燕市B&G海洋センターがリニューアル (2019.10.2)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市の温水プール「燕市B&G海洋センター」(燕市白山町3)は改修工事が終わって10月1日、リニューアルオープンした。

リニューアルオープンした燕市B&G海洋センター
リニューアルオープンした燕市B&G海洋センター

B&G財団の支援を受けて1985年5月に総工費約1億円をかけてオープン。6レーンある25mプールと幼児用プールの2つの温水プールを備える。オープンから34年たち、老朽化が進んだことから、代替施設が夏場をねらって6月から4カ月間、休館して改修工事を行った。

工事の内容は、プール槽のシート張り替え、プールサイドの改修、循環配管の改修で、工事費は約4,500万円。循環配管の改修で水質は驚くほど改善して透明度が高くなり、張り替えたプール槽の鮮やかな青が映える。プールサイドは表面がざらざらしたコンクリートタイルで、しかもでこぼこして足裏をけがしそうだったが、樹脂のシートを敷き詰めてクッション性も上がり、寝転びたくなるほどだ。

1日は午後1時にオープンした。オープン前に訪れた人から玄関でくす玉割りのひもを引いてもらい、先着20人に粗品をプレゼントした。

玄関にくす玉
玄関にくす玉

昨年度は1年間で3万4,617人の利用があり、老朽化が進んでいるにもかかわらずここ3年間の利用者は前年を上回っている。今年度は4カ月休んだので、年間利用者は前年度を下回るだろうが、基本的には利用者が増えそうだ。

ただし、燕市社会教育施設使用料の見直しにより、利用料金は現行のおとな100円、小中学生50円が、来年度から2倍のそれぞれ200円、100円となる。ただ、B&Gのプールは県内に17施設あり、温水プールは燕市と上越市に2施設だけで、ほかは常温プール。常温プールのほとんどがおとな200円の利用料を設定しており、温水プールの燕市の方が安い。来年度の値上げ後もほかの常温プールと方を並べるわけで、割安であることに変わりはない。

今年度いっぱいはリニューアルしたばかりの温水プールを100円で利用でき、「これで100円は安い!」がキャッチフレーズとなりそうだ。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会、2019.9.15(日)〜11.30(土)
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com