加茂市と地元大学が包括連携協定 市長交代きっかけに及び腰から積極連携 サテライト教室検討 (2019.11.29)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県加茂市と市内にある新潟経営大学(堀峰生学長)、新潟中央短期大学(石本勝見学長)は11月22日、包括連携協定を締結。加茂市が抱える諸問題を大学の知見を借りて教授や学生と協働、連携して具体的に諸問題の解決を目指し、大学側にとっては教育や研究の生きた教材として実践的なフィールドワークになる。

左から新潟中央短大の石本学長、加茂市の藤田市長、新潟経営大の堀学長
左から新潟中央短大の石本学長、加茂市の藤田市長、新潟経営大の堀学長

この日、市役所で締結式を行い、藤田明美市長、堀学長、石本学長の3人が協定書に調印した。藤田市長は「(両大学は)積極的に加茂市のまちへ出ていただいていたが、加茂市の方が及び腰だったのかな」とし、「きょうを機に大学と市が地域の課題解決にまい進できればいい」、「大学がまちにあることで、ますますこの地域が活性化し、より人が住みやすい町にかわるきっかけになればいい」と話した。

堀学長は「今まで以上に組織的に地域貢献活動をできる機会をいただき、wうれしく思っている。今後は加茂市とこの地域の課題を共有し、持続可能な地域の創出に向けて今まで以上に大学を挙げて努力したい」、石本学長は「加茂市との連携をいっそう強化し、本学の使命である子どものために子どもとともに学び続ける保育者の要請を果たしたい」と述べた。

協定書に調印
協定書に調印

加茂市と両大学はこれまでも実地研究などを通して加茂市と地元商店街のイベントや商品開発、まちづくり事業にかかわってきたが、小池清彦前市長時代は積極的に両者が連携することはなかった。かえって地元に大学のない近隣の燕市や三条市の方が大学との連携に力を入れている。

ことし5月の加茂市長交代がいちばんのきっかけとなり、あらためて両者の連携を仕切り直そうということから包括連携協定の締結に至った。

藤田市長は、ことし6月30日に行われた新潟大学と新潟経営大学の学生も参加した市内で行われたまち歩きオリエンテーリングと交流会ディスカッションにも参加している。

包括連携協定に具体的な取組には来春から公共施設を会場にサテライト教室の開設して一般市民を対象にした講座の開設を検討しており、1回目のキックオフは市長、学長から参加してもらおうとも考えている。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com