三条市体育文化会館開館祭に1.2万人が来場してにぎやかに開館を祝福 (2019.12.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市で2016年12月1日に三条市体育文化センターの利用を中止してから3年。その跡地に建設された新たな三条市とのスポーツと文化を融合した拠点、三条市体育文化会館が12月1日、開館した。3年間、会場を変更したり、事業の縮小や中止を余儀なくされていたスポーツ関係者には待ちに待った開館。初日1日は開館記念イベント「開館祭」が行われ約1万2千人もの市民が来場した。

テープカット
テープカット

1万6400平方メートルに鉄筋コンクリート造と鉄骨造の地上3階建で、総事業費は約50億円。西側のアリーナ、東側のマルチホールをメーンにスポーツ関係はトレーニングルーム、多目的練習場、ランニング走路、文化関係はマルチスタジオなどを備えるほか、会議など多用途に使えるマルチルームもある。

午前10時からマルチホールで竣工式を行ったあと、アリーナ前でテープカットを行って開館。一般にも開放した竣工式はマルチホールに市民が入りきらず外にあふれ、テープカットには1千人以上が集まった。

ガラコンサート
ガラコンサート

マルチホールでは開館を祝福する裏館小学校児童の和太鼓演奏と続くガラコンサートで幕開きし、和風イリュージョン、天才空手少女高野万優さんの演武、キッズダンス、居合道演武。アリーナでは3X3エキシビションマッチと三条のプロチーム「三条ビーターズ」キャプテン南条一輝さんの結婚式、中学生のカラーガード、小学生の新体操、スラックライン、キックボクシングなどが次々と行われた。

三条市の3X3プロチーム「三条ビーターズ」キャプテン南条一輝さんの結婚式
三条市の3X3プロチーム「三条ビーターズ」キャプテン南条一輝さんの結婚式

それ以外の会場でも来場したレオン・マラゾーグ駐日コソボ大使夫妻によるトークショーやコソボ料理のふるまい、平安時代の刀も並んだ刀剣展示、会場を使った各種スポーツの体験、テレビゲーム筐体、ベーゴマやけん玉、バルーンパフォーマンスやサウンドマジック、紙芝居、福まき、ポップコーンなど広い施設のなかに所狭しイベントを盛り込んだ。

和風イリュージョン
和風イリュージョン

来場者はプログラムを手にお目当てのイベントを探して参加、体験し、さながらテーマパーク「体文」。館内を見学していても興味をひかれるイベントに遭遇し、まちを歩いているような気分で楽しんでいた。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com