箱根駅伝「花の2区」で6人抜きの岸本大紀が燕市長表敬 14日午後1時から市役所でセレモニー (2020.1.9)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

正月の第96回箱根駅伝で総合優勝した青山学院大学の往路2区を日本人1年生新記録でトップでたすきをつなぎ、貢献した新潟県燕市分水地区出身の岸本大紀(ひろのり)選手(19)が1月14日(火)、鈴木力燕市長を表敬訪問する。

2018年9月に燕市で行われた国体激励会に出席したときの岸本選手
2018年9月に燕市で行われた国体激励会に出席したときの岸本選手

岸本選手は午後1時に市役所を訪れ、1階エントランスでセレモニーを行う。鈴木市長から岸本選手に花束を贈呈し、鈴木市長と岸本選手があいさつし、記念撮影を行う。その後、市長室で表敬、歓談する。セレモニーは市民も見学できる。

岸本選手は燕市立分水中学校、県立三条高校を卒業して昨春、青山学院大学に入学し、陸上競技部に所属した。高校時代は県高校総体陸上大会で5000mで3連覇、1500mで2連覇し、3年生のときはこの2種目とも大会新記録を打ち立てた。北信越高校総体陸上大会では5000mで2位、天皇盃第24回全国男子駅伝では新潟チームの1区を9位で走った。

大学では第31回全日本大学選抜駅伝の第2区区間賞で青学大は総合5位に、第51回全日本大学駅伝対校選手権の第2区を5位の区間新記録で走り青学大は総合2位となっている。

青学大は箱根駅伝の「花の2区」で1年生を抜てきしたのは初めて。岸本選手は7位でたすきを受けながらすぐに先頭集団に追い着くとラストスパートで一気に抜け出し、6人抜きのトップで3区にたすきを渡す快走を見せ、見事に期待に応えた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2020年1月24日(金) 三条商工会議所で第26回スパークメッセ開催!
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター“タンポポ” 会員募集中 1人月額500円
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com