ジャパンキックボクシングフェザー級第2代王座に就いた三条市出身の渡辺航己選手が三条市長を表敬 (2020.1.10)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

1月5日に東京都・後楽園ホールで行われた「ジャパンキックボクシングフェザー級王座決定戦」で勝利し、第2代王座に就いた新潟県三条市出身のプロキックボクサー渡辺航己(こうき)選手(23)が10日午前、国定勇人三条市長を表敬訪問した。

国定市長を表敬訪問した渡辺航己選手
国定市長を表敬訪問した渡辺航己選手

渡辺選手は三条市の条南小学校、第一中学校、新潟県央工業高校を卒業、JMNジム(更科嘉音明会長・三条市西本成寺2)に所属。株式会社田中衡機工業所(田中康之社長・三条市福島新田)で働きなら柄2015年にプロデビューした。

ジャパンキックボクシング協会は、新日本キックボクシング協会に所属していた複数のジムが19年5月1日に設立した新団体。タイトルマッチで判定勝ちしてフェザー級チャンピオンになった。

国定市長とチャンピオンベルトを手にファイティングポーズ
国定市長とチャンピオンベルトを手にファイティングポーズ

渡辺選手はスーツを着て市役所を訪れ、顔より大きなプレートが取り付けられた豪華なチャンピオンベルトやガウンを持参し、保育園のころから空手を始め、高校1年の冬に友だちに誘われたのがきっかけでキックボクシングを始めたことなどを話した。

タイトルマッチから5日とあってまだ目の周りは赤くはれて痛々しく、「防衛はもちろん、ほかの団体とも交流していきたい」と抱負を話した。国定市長は渡辺選手のこぶしをさわるなど興味津々。世界大会へのスタートラインに立ったことにもなり、「すごいですね。開かれた未来が待ってますよね」と活躍に期待した。

正面玄関で渡辺選手を拍手やクラッカーで出迎えた女性職員は「イケメン」。見送りではガウンを羽織った渡辺選手に黄色い歓声が上がっていた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
燕三条ものづくりメッセ2020|公式ホームページ | 燕三条ものづくりメッセ2020のホームページです。
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com