「音無美紀子の歌声喫茶」350人来場で三条市展フィナーレを飾る (2020.1.22)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

1月18日から21日までの4日間、新潟県三条市で開かれた第15回三条市美術展では、会場の三条市体育文化会館が昨年12月に開館したのを記念して4日間とも毎日、ホールイベントが行われた。最終日21日はフィナーレの「音無美紀子の歌声喫茶」が開かれ、350人が来場してテレビなどでおなじみの俳優やタレントがリードするぜいたくな歌声喫茶をたっぷり楽しんだ。

三条市展のフィナーレを飾った音無美紀子の歌声喫茶
三条市展のフィナーレを飾った音無美紀子の歌声喫茶

音無美紀子さんは東京都出身の女優。東日本大震災の1日も早い復興を願う復興支援活動、もっと日本を元気にしたいという願いを込めて、2011年12月に仲間たちと「音無美紀子の歌声喫茶」を始めた。全国各地へ歌声喫茶に出向き、収益はチャリティーに充てている。

「見上げてごらん夜の星を」で手話を取り込んだフラダンスを踊る音無美紀子さん長女の村井麻友美さん
「見上げてごらん夜の星を」で手話を取り込んだフラダンスを踊る音無美紀子さん長女の村井麻友美さん

今回の出演者は、音無美紀子さんとその長女で俳優の村井麻友美さん、連続テレビ小説「おしん」で主演した小林綾子さん、お笑いコンビ「ピンクの電話」の清水よし子さん、タレントでガダルカナル・タカさんの妻の橋本志穂さん、フリーアナウンサーの原元美紀さん、三条市の盲目のシンガーソングライター佐藤ひらりさん。

橋本志帆さん(左)のフルートと小林綾子さんのハーモニカで共演
橋本志帆さん(左)のフルートと小林綾子さんのハーモニカで共演

アコーディオン伴奏の園田容子さん、ピアノ伴奏の菊地沙織さん、そしてゲストに新潟から魚沼市出身で「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」第四章エンディングテーマを歌うシンガーソングーライター星野裕矢さんと三条市出身のソプラノ歌手永桶康子さんが出演した。

客席に入って佐藤ひらりさんと歌う音無美紀子さん
客席に入って佐藤ひらりさんと歌う音無美紀子さん

来場者から歌いたい曲を投票してもらい、くじを引くように箱の中から引いた曲を演奏。懐メロやフォークソング、唱歌などを次々と演奏。出演者らは客席にも入り、客にマイクを向けたり、話しかけたりしながらみんなで合唱した。

星野裕矢さん
星野裕矢さん

「見上げてごらん夜の星を」では、音無美紀子さんと村井麻友美さんの母娘が、はだしになって手話を取り入れたフラダンスを披露。出演者が寄せ書きしたサイン色紙がもらえるテレビ番組の曲のイントロ当てクイズ、小林綾子さんが「おしん」の撮影で使ったハーモニカで橋本志穂さんが演奏するフルートと共演した。

永桶康子さん
永桶康子さん

佐藤ひらりさんはオリジナル曲「令和」、永桶康子さんは「乾杯の歌」、星野裕矢さんがオリジナル曲「アイヱ」などを披露。「いい湯だな」を「ここは新潟 いい湯らていの湯」と歌詞を変えて歌うなどし、さまざまな趣向で来場者を楽しませて最後は「今日の日はさようなら」で締めくくった。

客と気軽に記念写真
客と気軽に記念写真

出演者らは歌声喫茶を終わると客席へ出て客を見送り。握手したり、一緒に写真に収まったりの大サービスに客は大満足。平日の午後のこともあり、客の大半は年配の女性で、「テレビで見る通りきれいらね」、「昔と全然、かわらない」、「こんなに近くで見られると思わなかった」と興奮していた。

出演者とスタッフで
出演者とスタッフで

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


「家にいるだけじゃもったいない!」公益社団法人 燕市シルバー人材センター 3月15日(日)・22日(日)に午前10時から1時間、燕勤労者総合福祉センターで休日入会説明会を開催。お問い合わせは燕市シルバー人材センター(電話:0256-64-2483)へ。
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター“タンポポ” 会員募集中 1人月額500円
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com