米納津の安楽寺で一足早い節分豆まき (2020.2.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

2月3日の「節分」より一足早く新潟県燕市米納津、曹洞宗補陀山「安楽寺」(石村裕憲住職)で2日、恒例の節分会の豆まきが行われ、米納津の集落から100人を超える参拝者が訪れてにぎわやかに行われた。

燕市米納津の安楽寺で行われた節分の豆まき
燕市米納津の安楽寺で行われた節分の豆まき

子どもたちが寺を訪れるきっかになる楽しい行事をと、20年ほど前に先代の住職が豆まきを始めた。当初は十数人の参加しかなかったが、今では毎年100人前後を集める地域に欠かせない年中行事になっている

節分会の法要
節分会の法要

午前11時から本堂で行い、石村住職を導師に3人の伴僧とともに経典を空中にぱらぱらと広げるなどして般若心経を唱え、教典で参拝者の頭や肩をたたいて厄払いし、はらい清めていよいよ豆まきに。太鼓の音を合図に赤、青、緑など信者が演じる6匹の鬼が登場した。

金棒などの道具を振りかざし、「うおーっ!」と大声を上げていかくした。大泣きする子ども多く、中にはお姉さんに顔をうずめっぱなしで鬼を見ることもできない女の子もいた。

石村住職も一緒に鬼退治
石村住職も一緒に鬼退治

ころ合いを見計らって鬼退治の部位の殻付きナンキン豆を配布した。しかしナンキン豆で鬼を芸対するよりもナンキン豆の確保に一生懸命。それでも鬼たちは予定通り退散し、一件落着。その後は恒例で寄進された材料で調理した昔懐かしい甘いカレーライスを味わった。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


「家にいるだけじゃもったいない!」公益社団法人 燕市シルバー人材センター 3月15日(日)・22日(日)に午前10時から1時間、燕勤労者総合福祉センターで休日入会説明会を開催。お問い合わせは燕市シルバー人材センター(電話:0256-64-2483)へ。
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター“タンポポ” 会員募集中 1人月額500円
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com