疫病退散祈祷で祷新型肺炎の感染拡大にストップ (2020.2.5)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの感染拡大が国内の観光産業へも影響をもたらすなか、インバウンドでも人気の観光スポット、新潟県弥彦村の弥彦神社で2月5日、疫病退散祈祷(えきびょうたいさんきとう)が行われた。

弥彦観光協会が弥彦神社で疫病退散祈祷
弥彦観光協会が弥彦神社で疫病退散祈祷

一般社団法人弥彦観光協会(神田睦雄会長)が主催したもので、神田会長をはじめ、弥彦村の小林豊彦村長、社団法人新潟県観光協会の高橋正会長、岩室温泉観光協会の宮本浩朗事務局長、弥彦村議会の安達丈夫議長ら10人が参列。祈とうのあと玄関の柱などに張る疫神斎の神札(えきじんさいのおふだ)を授かった。

弥彦神社は古来から霊験あらたかとされる「名神大社(みょうじんたいしゃ)」と称され、弥彦神社が初めて国史に見える『続日本後紀』巻第二・仁明天皇天長十年(833)のなかで弥彦神社は「彼の郡旱疫有る毎に雨を致し病を救うを以てなり」とすでに疫病から救うと記されている。

毎年7月に行われる重要無形民俗文化財の弥彦燈籠まつりは、疫病退散をきっかけに始まった京都の祇園祭の流れをくむとされる。疫病がはやると地方でも行われたとされる道饗祭(みちあえのまつり)も毎年6月と12月に行われている。

疫神斎の神札
疫神斎の神札

新型コロナウイルスの感染拡大で県内でも湯沢町などスキーやスノーボードでハイシーズンを迎えている観光地で旅行や宿泊のキャンセルが増えていることから、疫病退散のご利益で名高い弥彦神社で身体健全と商売繁盛を祈願しようと祈とうを行った。

神田会長によると、弥彦はオフシーズンなので目立った影響は出ていないと言い、「弥彦大神さまの力で疫病退散を願うとともに、気持ちの問題で安心感を得られたら」と話していた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


「家にいるだけじゃもったいない!」公益社団法人 燕市シルバー人材センター 3月15日(日)・22日(日)に午前10時から1時間、燕勤労者総合福祉センターで休日入会説明会を開催。お問い合わせは燕市シルバー人材センター(電話:0256-64-2483)へ。
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター“タンポポ” 会員募集中 1人月額500円
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com