ニットのまち五泉で5年目のニットフェス (2020.2.9)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

2月10日の「ニットの日」にあわせて国内最大のニット産地、新潟県五泉市で2月8日から10日までニット工場を公開するオープンファクトリーイベント「GOSEN KNIET FES(五泉ニットフェス)」が開かれている。

高橋ニットの見学
高橋ニットの見学

地域全体がニットで盛り上がろうと毎年、実行委員会を組織して開かれており、ことしで5年目。ことしは「5 SEASONS kitchen」をベースキャンプに、五泉市内17工場が参加してニットが生まれる現場を体感できる。日によって見学できる工場は異なり、それぞれ午前10時半、午後1時半、3時半の1日3回、見学できる。

初日8日は雪が降ったりやんだりで厳しい寒さだったが、県外から訪れる人も目立った。OEMを基本にオンラインストアにも取り組む株式会社高橋ニットの午後1時半からの回には約30人が参加した。

高橋ニットで見学の前に説明を聞く
高橋ニットで見学の前に説明を聞く

同社の歴史や国内のニット生産の約4割を新潟県が占め、さらに65%以上を五泉市、30%を見附市が占めるといった話に始まり、同社の歴史やニットの特徴などについて聞いた。それから3つのグループに分かれてずらりと並ぶ織機の間を歩いて工場内を見学した。

カシミヤは完成後に洗濯することで柔らかな風合いが生まれるが、100%にするとその後は自分で洗濯すると縮むなど風合いが落ちていくため、70〜80%にとどめて買ってから洗濯を繰り返すことでさらに風合いが良くなるよう計算しているという話に感心。見学者は女性が多く、「すごい!」、「糸ばっかり!」と目を見張っていた。

ナックの見学でスチームの工程を体験
ナックの見学でスチームの工程を体験

株式会社ナックは、原料と製品の企画提案、原料の手配から編み立て、整理加工、縫製、検品出荷まですべての工程を社内に設備する五泉市のメーカーのなかでもユニークな会社。輪になったマフラーのようなスヌードの製造工程を中心に見学した。大半の見学者がスヌードにニットの特殊なリンキングと呼ばれる縫製作業を体験するワークショップに挑戦した。編み目を一目一目、専用の機械にセットする細かな作業に集中し、その大変さを実感。完成すると「達成感ある!」と喜んでいた。

ナックのワークショップでリンキングに挑戦
ナックのワークショップでリンキングに挑戦

ことしは五泉高校とのコラボプロジェクトで8日だけ生徒が企画し、旅行代理店と企画したニット工場や飲食店を回るバスツアーを行い、生徒がガイド役も務めた。ベースキャンプには、インフォメーション、セレクトショップ、カフェコーナーを設置しているが、ベースキャンプの運営にも生徒が協力している。

五泉ローカリストカレッジ「地域を編集し発信できる人材養成」受講生は、8日に10チームが参加してクイズ大会「クイズ五泉王」を行い、8、9日と五泉ニット協同組合で五泉ニットクラフトマルシェを行っている。

ベースキャンプの「5 SEASONS kitchen」
ベースキャンプの「5 SEASONS kitchen」

9日だけ午前10時から午後4時までガーデンホテルマリエールでニット販売感謝フェアを開催。また3日間とも「五泉オープンストリート」として市内15店舗が限定商品の販売や見学、店や地域の話が聞けるなど工夫を凝らしている。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


「家にいるだけじゃもったいない!」公益社団法人 燕市シルバー人材センター 3月15日(日)・22日(日)に午前10時から1時間、燕勤労者総合福祉センターで休日入会説明会を開催。お問い合わせは燕市シルバー人材センター(電話:0256-64-2483)へ。
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター“タンポポ” 会員募集中 1人月額500円
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com