三条市とヤマト運輸が災害時の物資配送で協定締結 県内の自治体では初 (2020.2.12)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市と宅配大手のヤマト運輸は2月12日、災害時における物資配送に関する協定を締結した。ヤマト運輸が自治体と災害関連の協定を結ぶのは三条市で136番目、新潟県内では三条市が初めて。国定勇人市長は「中身が本当に伴っている協定の締結はヤマト運輸でも多分、全国初」と実効性に期待した。

「三条市とヤマト運輸株式会社との災害時における物資配送に関する協定」調印式
「三条市とヤマト運輸株式会社との災害時における物資配送に関する協定」調印式

午前11時半から市役所で国定市長とヤマト運輸執行役員の小林秀朝北信越支社長が協定書に調印。ヤマト運輸のキャラクターのクロネコとシロネコの着ぐるみも同席した。

協定では、三条市内での災害発生時の物資提供、市外で災害が発生したときの被災自治体への物資配送に関する業務をヤマト運輸が実施するとしている。具体的にはヤマト運輸は、支援物資配送に関する助言、避難所などへの支援物資配送、三条市が運営する支援物資集積拠点の搬入搬出や在庫管理の運営などを行う。

国定市長は三条市が大規模災害に見舞われた2004年の7.13水害をへて11年の7.29水害でも「実効性のある対応がままならなかった」とし、災害対応の再構築を議論してきたが「しょせん、この分野では素人集団なのでまったく活路が見いだすことができなかった」。

そこでヤマト運輸の力を借り、災害対応マニュアルの変更をアドバイスしてもらい、昨年6月の三条市の防災訓練では、物資搬送に関する具体的な作業をヤマト運輸の管理下で行い、「宿題、反省点をいただき、この6月の防災訓練にまたのぞんでいかなけらばならない」と述べた。

小林支社長は、防災訓練は「防災訓練で大きく動いた」、「互いに課題が見え、顔もはっきり見えてきて、ものすごく大きな一歩だった」と振り返り、「平時から訓練を重ねることで本当の意味で発災時に市民の役に立てることになると思う」。

ヤマト運輸は三条市に2つの拠点をもち、90人のスタッフでトラックが31稼働しているので、いろいろな情報収集もできる。「そうした情報も活用して、互いのためになるような安心安全に暮らせる三条市に貢献していきたい」と述べた。

7.13水害発災当日深夜、三条市厚生福祉会館体育館は避難所と物資置き場になり収拾がつかなくなった
7.13水害発災当日深夜、三条市厚生福祉会館体育館は避難所と物資置き場になり収拾がつかなくなった

2011年5月4日に東日本大震災で被災した福島県南相馬市を訪問した国定市長が立ち寄った支援物資保管場所になっていた南相馬市立石上中学校体育館
2011年5月4日に東日本大震災で被災した福島県南相馬市を訪問した国定市長が立ち寄った支援物資保管場所になっていた南相馬市立石上中学校体育館

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


「家にいるだけじゃもったいない!」公益社団法人 燕市シルバー人材センター 3月15日(日)・22日(日)に午前10時から1時間、燕勤労者総合福祉センターで休日入会説明会を開催。お問い合わせは燕市シルバー人材センター(電話:0256-64-2483)へ。
公益財団法人燕西蒲勤労者福祉サービスセンター“タンポポ” 会員募集中 1人月額500円
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com