学校が再開したら給食に「もとまちきゅうり」を (2020.3.13)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市の吉田本町(よしだもとまち)地区を中心にブランドキュウリ「もとまちきゅうり」を生産、共同出荷する本町そ菜出荷組合(加藤達男組合長)は、新型コロナウイルス感染症による臨時休校で自宅で過ごしている子どもたちにキュウリで元気を届けようと、燕市の学校給食に「もとまちきゅうり」を1箱50本入りを30箱、1,500本を寄付する。

「もとまちきゅうり」の寄付の目録を寄付した本町そ菜出荷組合の組合員らと鈴木市長
「もとまちきゅうり」の寄付の目録を寄付した本町そ菜出荷組合の組合員らと鈴木市長

3月10日、加藤組合長をはじめ組合員ら6人が燕市役所を訪れ、加藤組合長から鈴木力市長に寄付の目録を手渡した。加藤組合長は「学校が休みになってまわりの子どもを見てるとかいわそうかなと思い、子どもたちが元気を取り戻してほしいという気持ちを込めて」と寄付に込めた思いを話した。

さっそく「もとまちきゅうり」をかじる鈴木市長
さっそく「もとまちきゅうり」をかじる鈴木市長

学校が再開したらもとまちきゅうりを届け、学校給食の献立に利用してもらう。4月19日はごろ合わせで「良いきゅうりの日」で、毎月19日が記念日なので、記念日にあわせて届けることにしている。

みずみずしい春採りの「もとまちきゅうり」
みずみずしい春採りの「もとまちきゅうり」

「もとまちきゅうり」は新潟県内で最も出荷が早いキュウリ。ことしは暖冬だったので、昨年より4日早く2月24日に共選出荷を始めた。皮が薄く、柔らかくでジューシーな食感で年々、人気が高まっている。鈴木市長は「“燕の春はもとまちきゅうりから”でいきますよ」とキャッチフレーズを提案していた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com