元気を届けようと神明宮で春季例大祭 露店にもソーシャルディスタンス

 (2020.5.20)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市神明町、神明宮(三上行雄宮司)は5月16日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため延期していた春季例大祭を行った。

神明宮春季例大祭の神楽奉納
神明宮春季例大祭の神楽奉納

春祭りは4月28、29日の2日間で開催し、2日間にわたり約20の演目の神楽を舞う予定だった。この日の春季例大祭では、午後3時から拝殿で神職と氏子総代長だけで神事のあと、4時から一ノ木戸神明宮三条神楽保存会(笹川浩志会長)が県指定民俗文化財「三条神楽」に収録された神楽を奉納した。

自粛モードで小雨が降っていたこともあり、本来は仮設の舞殿で舞う神楽を拝殿で待った。境内にはぽっぽ焼きなどを売る露店が5つだけ並び、誰が指示したわけでもないが、露店の順番待ちの列はソーシャルディスタンスを保っていた。

露店もソーシャルディスタンスを保って待つ
露店もソーシャルディスタンスを保って待つ

奉納したのは疫病(えきびょう)退散の祈りを込めて、はらいの意味をもつ「宮清(みやきよ)の舞」、疫病を踏み鎮める意味をもつ「地久楽(じきゅうらく)の舞」、「杵樹(ソウギ)の舞の3つの舞だけ。舞の解説も行い、最後に参拝者にもちをまいた。

密になっても困るので、告知をせずに行ったこともあり、参拝者は20人足らずにとどまったが、神明宮では「少しでも市民に元気になる話題を届けられれば」と願っていた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


#三条エール飯で飲食店を応援しよう/三条市
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com