コロナ禍でも小中学生247人が参加して三条で仕事体験 (2020.8.22)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市は8月21日、22日の2日間、子ども向けの仕事体験型テーマパーク「キッザニア」とタイアップした「キッザニアマイスターフェスティバル in 三条」を開き、県内から248人の小中学生が「ものづくりのまち三条」の工場や事業所、市役所など27コースで仕事体験している。

庖丁工房タダフサで工場見学
庖丁工房タダフサで工場見学

東京都と兵庫県にあるキッザニアを三条のまちを舞台に体験できる三条版で、ことしで7年目。初日21日は拠点となる三条ものづくり学校で開会式を行い、5人参加者から出席してもらい、国定勇人市長から一人ひとりに任命状を手渡した。

三条ものづくり学校での開会式で栄北小6年酒井さんがあいさつ
三条ものづくり学校での開会式で栄北小6年酒井さんがあいさつ

国定市長は「皆さんが新しい挑戦に挑んでくれることにエールを送りたい」とあいさつ。参加者代表で「ITエンジニア」コースに参加の栄北中学校6年酒井庄之助さん(11)はゲームやプログラミングに興味があり、「プログラミングを体験してさまざまなことを学びたい」と話した。

ITエンジニアコース
ITエンジニアコース

子どもたちはそれぞれの職場へ向かい、現場で仕事体験に挑んだ。新型コロナウイルスの影響で参加者が減ると予想されたが、昨年の2割減ほどにとどまった。マスクの着用や手指消毒、例年より参加者を減らすなど新しい生活様式に対応した形で行った。

「ITエンジニア」コースは4人が参加し、三条ものづくり学校に入居する東京本社のINSIGHT LAB株式会社が担当。ゲームをつくってプログラミングを体験できるソフト「Scratch」を使い、東京本社ともテレビ電話で結んで勉強した。

テーエムで黒染小物入れをデコる
テーエムで黒染小物入れをデコる

庖丁工房タダフサでは、4人が参加して工場見学と試し切りを体験。付き添いのお父さんの方が見学に熱中する場面もあった。テーエムでは、午前と午後の2回、5人ずつが参加して同社の黒染小物入れにシールなどを張ってデコる体験を行った。

体験後は三条ものづくり学校の商品と交換したり市内の店舗やイベントで使ったりできる500円相当の給料「キマフ」を受け取った。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
グランドガーデン燕三条駅<KSアルファ>モデルルーム個別案内会開催
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com