夜の短時間豪雨で燕市分水地区で土砂崩れ (2020.8.31)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

8月30日夜遅くに降った激しい雨で、新潟県燕市分水地区の渡部地内で土砂崩れが発生し、それに伴う交通規制も行われた。

渡部の土砂崩れ現場
渡部の土砂崩れ現場

土砂崩れが発生したのは、大河津分水路右岸側を走る県道分水寺泊線の渡部橋−野積橋間の山側の斜面で、県道を海へ向かって「にとこみえ〜る館」から約300メートル手前。2階の屋根くらいの高さから幅数メートルにわたり斜面が崩れて赤茶色の地肌がむきだしになり、流れ出た土砂が道路の半分ほどまで広がった。

30日午前11時40分から31日午前2時半まで県道を片側交互通行にして土砂を排除し、土留めの大型土のうを並べて応急処置を完了。いずれも復旧工事が行われると見られるが、市では通行に注意するよう呼びかけている。

この先に「にとこみえ〜る館」
この先に「にとこみえ〜る館」

土砂崩れ現場に近い国上地内の県の観測所では、31日午後10時までの1時間に19ミリの雨量を記録。激しい雨が降っていた。現場は県の土砂災害警戒区域に指定されている。

土砂崩れ現場

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
グランドガーデン燕三条駅<KSアルファ>モデルルーム個別案内会開催
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com