三条市にゆかりのフレームが日本パッケージデザイン大賞で銀賞と銅賞を受賞 (2020.9.11)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

公益社団法人日本パッケージデザイン協会主催2021日本パッケージデザイン大賞の審査結果が9日発表され、新潟県三条市出身のデザイナー、石川竜太さんが代表取締役に就く株式会社フレーム(新潟市中央区)のデザイナーが担当した三条市の製品のパッケージデザインで銀賞を受賞し、石川さん担当のパッケージデザインも銅賞を受賞した。

VI・BI部門の銀賞を受賞した畑山永吉さんが担当した「ハンドクリエーションシリーズ」(左)、アルコール飲料部門の銅賞を受賞した石川竜太さんがデザインした「YASO」
VI・BI部門の銀賞を受賞した畑山永吉さんが担当した「ハンドクリエーションシリーズ」(左)、アルコール飲料部門の銅賞を受賞した石川竜太さんがデザインした「YASO」

日本パッケージデザイン大賞は、2年に1度開かれているパッケージデザインのコンテスト。今回は827点の応募があり、第一次審査で406点の入選作品が選ばれ、第二次審査で入賞作品を決めた。入賞は大賞1点、金賞12点、銀賞11点、銅賞14点、特別審査員賞4点の42点。

フレームの畑山永吉さんが担当した三条市ではさみを製造する坂源の生け花用はさみ「ハンドクリエーションシリーズ」のパッケージがデザインが、VI・BI部門の銀賞を受賞し、石川さんが担当した上越市・越後薬草の野草から生まれたスピリッツとジン「YASO」のパッケージデザインが、アルコール飲料部門の銅賞を受賞。ほかに入選もあった。

石川さんは自信のFacebookで「自分で言うのもなんですが、これは快挙ですね!」と喜び、同社のFacebookページでは「これからも新たなるデザインを追求しながら、みなさまのお力になれるよう頑張ってまいります!」と書いている。

石川さんは2018年に開講した三条市立大崎学園の校章をデザインし、ことしも三条市立大学(仮称)のロゴマークを制作している。

関連リンク
  • 日本パッケージデザイン大賞 受賞作品(新しいウィンドウで開く)
spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
グランドガーデン燕三条駅<KSアルファ>モデルルーム個別案内会開催
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com