悪疫退散の吉田の花火に感謝と喜び (2020.9.23)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

「秋分の日」の9月22日夜、新潟県燕市吉田地区で「悪疫退散・花火で笑顔プロジェクト」とうたう100発の花火とスターマイン3が秋の夜空をまばゆい光で染め、夏の花火をあきらめた地元の人たちを喜ばせた。

悪疫退散・花火で笑顔プロジェクト」として22日夜に吉田ふれいあ広場で打ち上げられた花火
悪疫退散・花火で笑顔プロジェクト」として22日夜に吉田ふれいあ広場で打ち上げられた花火

吉田地区の吉田ふれあい広場を打ちあげ場所に、4号玉と5号玉が50発ずつ、さらにスターマイン3基が打ち上がった。感染防止のためにあえて周知せず、地元でも打ちあげ場所は非公開にして観覧場所を設けず、打ち上げ時刻だけ公開したが、近くに車をとめて見物する人や、チェアまで出して見物する人もいた。

午後8時半からわずか15分間の花火大会だったが、SNSでは「吉田の皆さんに感謝」、「花火が好きで夏に見れなくて悲しかったのですが、今日見る事が出来てとても嬉しくて涙が出ました」、「ありがとうございます!夏来ましたよね!」、「諦めてた花火が見れて本当よかったです」と感謝と喜びの声が投稿された。

花火の光が地上を照らす
花火の光が地上を照らす

プロジェクトに取り組んだのは、地元吉田商工会(星野光治会長)の青年部を主体に花火実行委員会(前山渉委員長)。新型コロナウイルス感染拡大で、全国各地で各種イベントが中止になっていたが、緊急事態宣言が解除されてから社会活動が再開されつつある。

こうした状況で頑張っている人たちへの感謝の気持ちと、 吉田地区の人たちの心を少しでも元気づけたいと花火実行委員会を立ち上げた。吉田商工会の会員事業所に1口1万円の協賛を募ったところ、快く応じてくれ、ちょうど200万円が寄せられた。

花火が夜空を鮮やかに彩る
花火が夜空を鮮やかに彩る

燕市として合併する前の旧吉田町の夏の花火大会は、スケールの大きさが評判だった。2012年の吉田駅開業百周年記念事業でも吉田ふれあい広場を会場に花火の打ち上げが行われている。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
グランドガーデン燕三条駅<KSアルファ>モデルルーム個別案内会開催
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com