採決忘れはシナリオに議案の記載し忘れが始まり (2020.10.8)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県加茂市の9月定例会最終日の10月6日、本会議で議案1件を採決せずに閉会して廃案となってしまったため、あらためて3時間後に異例の臨時会を開いて採決した問題は、議会事務局がシナリオにこの議案を記載し忘れたミスから始まった。

この議案は2020年度一般会計補正予算案第9号で、ホームページ制作に伴う情報政策費400万円を減額し、同額を財政調整基金に積み立てるというもの。慣例で前日に議会事務局が製作した翌日の本会議のシナリオを正副議長と読み合わせしたが、この議案が抜け落ちていることに気付かなかった。

さらに本会議でも、議案を提出した理事者側が気付かず、すでに審議を尽くした市議らも気付かなかった。この議案は当初にはなかった追送議案だったこともあるが、ミスに気付くチャンスは何度かあったが、気付かないまま採決し忘れにまで至った。

加茂市議会の滝沢茂秋議長
加茂市議会の滝沢茂秋議長

昨年5月に議長に就任した滝沢茂秋氏(50)はケンオー・ドットコムの取材に対し、「議長としてこのような状況になったことを重く受け止め、臨時会の開催でご迷惑をおかけした方々にお詫び申し上げる。議会事務局にサポートしてもらっているなかで、自分もカバーしなければならない立場なのに申し訳ない。予算の執行に影響はなかったが、議長としてえりを正していきたい」と話した。

二度と同じ過ちを繰り返さないよう、滝沢氏は市議会での謝罪のあいさつを臨時会開会前ではなく、開会して冒頭で謝罪し、あえて議事録に残すようにした。自身のブログでも「猛省の日」のタイトルで反省し、わびる記事を投稿した。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
グランドガーデン燕三条駅<KSアルファ>モデルルーム個別案内会開催
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com