【三条市長選】滝沢亮氏「議論もけんかも絶対に逃げない」 (2020.11.6)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市の市長選(11月1日告示・8日投開票)に立候補した滝沢亮氏(34)の個人演説会が11月6日午後6時半から三条市体育文化会館で開かれ、会場いっぱいの500人が参集して勝利を願った。

滝沢亮氏の個人演説会
滝沢亮氏の個人演説会

村上幸一選対本部長のあいさつで始まった。激励のあいさつで野崎勝康野崎プレス会長は「三条市民95000人のかじ取りになってほしい」、齋藤栄太郎共栄鍛工所社長は「これからこのまちを担う子どもたちのために、三条市の未来のために滝沢亮をよろしくお願いする」、佐藤和夫市議会議長は「弁護士として勉強され、経験されたことを必ずや三条市でも発揮すると確信している」とそれぞれ述べた。

滝沢氏は決意表明で「近隣市町村に並ぶだけでなく、三条市は県央地域のリーダーとして、手本として周りを引っ張っていくのが三条市の役割」で、「複数の課題を同時並行で解決することが三条市長に求められている役割であり責任」とした。

ガンバローコール
ガンバローコール

そのために必要なのは政治経験や行政経験ではなく、「世界中を飛び回って考えを聞く、意見を吸収することが三条市長に求められている。そのためにわたし滝沢亮34歳の若さとパワーとバイタリティーこそが三条市長に必要な能力」。それをもって「すぐ行動する。すぐ判断する。すぐ実行する。それこそが今、三条市に求められていること」と訴えた。

「若さとパワーだけで三条市長が務まるとは思っていない」が、「弁護士の仕事のやり方、進め方はまさに三条市長に、政治家として求められていることと一致する」。「9年間、しっかりと弁護士としてやってきたことを三条市長として生かせると自信がある」とし、「三条市のことをわたし滝沢亮に託してほしい」。

500人で満員の会場
500人で満員の会場

そして「皆さんと話し合ってときには議論になる、けんかになるかもしれない。その議論もけんかも正面から向き合って4年間、絶対に逃げない。わたし滝沢亮に託してください。皆さんの力ですばらしい三条市を、もっとすばらしい三条市をわたし滝沢亮と一緒につくっていきましょう」と約束し、連帯を求めた。

最後に妻の佳代さんが「皆さまからいただいた恩を滝沢を市長として皆さまのために働くことで恩返しさせてください」と求め、ガンバローコールで締めくくった。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
再生の芸術祭 VR展示場オープン ブランキングアート展Web配信中!
ハンズワタベ、0256-62-3899
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com