大寒波で大荒れ 31日明け方には−2.1度の厳寒 (2020.12.31)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

30日の新潟県三条市は、大寒波の襲来で午後から大荒れの天気となり、気温はこれまで最低だった-0.7度を下回る−1.2度まで下がり、この冬いちばんの厳しい寒さに。日付が変わってさらに冷え込みは、31日は午前4時までに−2.1度を記録した。

30日夕方の燕市内の中ノ口川左岸の道路
30日夕方の燕市内の中ノ口川左岸の道路

30日の最高気温は6.1度で平年並みだった。大荒れになる前にも午前7時までの1時間に雨量11.0ミリを記録する激しい雨が降った。

午後1時過ぎから急激に北寄りの風が強まり、午後3時36分には風速19.6メートルの台風かと思うような強風を記録。新潟地方気象台は午後から夕方にかけて三条市、加茂市、田上町に大雪警報を発表した。

風が強まると同時に雪も降り、道路に雪が積もった。そのため各地で雪によるスリップ事故が多発した。31日に入ってさらに気温は下がり、午前2時過ぎに−2.1度まで気温が下がった。

新潟地方気象台の30日午後8時5分の発表では、1月1日にかけて強い冬型の気圧配置が続き、北陸地方の上空には強い寒気が流れ込むため、新潟県は平地も含めて警報級の大雪となる見込みで、大雪による交通障害、高波に警戒を呼びかけている。

1月1日にかけて強い冬型の気圧配置が続き、北陸地方の上空約1500メートルには平年より8度前後低い氷点下12度以下の強い寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる。

とくに31日夜から1月1日未明にかけて、新潟県を通過する気圧の谷の影響で、局地的に発達した雪雲が流れ込みやすくなる見込みで、冬型の気圧配置はその後も続くおそれがある。

県内は新潟県では、1月2日ごろにかけて大雪となり、とくに31日夜から1月1日にかけて下越と中越を中心に平地でも警報級の大雪となる所がある見込み。30日午後6時から31日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で下越で平地40cm、山沿い60cm、中越で平地60cm、山沿い90cm、上越で平地50cm、山沿い70cm、佐渡で20cm。

その後、31日午後6時から1月1日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、下越で平地50〜70cm、山沿い70〜100cm、中越で平地50〜70cm、山沿い80〜120cm、上越で平地30〜50cm、山沿い80から120cm、佐渡で20〜40cm。

さらに1月1日午後6時から2日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、新潟県の平地30〜50cm、山沿い50〜70cm。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「タンポポ」月会費わずか500円の地域密着型の福利厚生プログラム
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com